2007年4月・・・東海女子大学から東海学院大学へ

(・・・男女共学化・・)


男子ホッケー部創設に伴い大学独自のホッケー部ホームページを新設予定

上記に合わせ、当協会のページも4月以降より工事に入ります。




 東海女子大学ホッケー部ホームページ

 監   督 : 小林和典
 スタッフ:フィジオセラピスト : 川口浩太郎、友松温子
 主   将 : 森優里香
 副   将 : 伊藤みゆき
 主   務 : 今西朝美
 学   連 : 田中貴子、仲谷宏美
2006年の東海女子大学ホッケー部


 監督の抱負
ここ数年、思うような結果がでていないが、日本リーグを通じていろいろな戦い方を学び、上位を目指しながら力をつけていきたい。そして、6月に行なわれる全日本大学王座決定戦、10月に行なわれる全日本学生選手権大会(インカレ)において優勝を目指したい。

■主将の抱負 (森 優里香)
個人の技術・体力・精神力の向上を図ると共に、チームのモットーである「組織プレー・チャレンジ精神」を意識して日々の練習に励んでいます。


昨年度は負けた悔しさをバネに“インカレ優勝”を掲げチーム一丸となって勝利を目指しましたが、健闘も虚しく不本意な成績に終ってしまいました。今、チーム全員が今年こそは良い結果を出そうと同じ目標に向かい互いに切磋琢磨しながら頑張っています。

本年度は東海女子大学として最後の年となるので今までの屈辱を晴らし東海女子大学の名を残すためにも全員の『繋がり』を大切すると共に、闘志みなぎるプレーを発揮し優勝を狙います。

■主務の抱負 (今西 朝美)

昨年度は健闘したもののタイトルは獲ることができずに、悔しい思いをしました。今年こそはタイトルを獲れるよう、その悔しい思いを忘れることなく全員で目標に向かって頑張っています。仲間を信じてみんなで一つになり、この東海女子大学最後の一年を笑顔で締めくくれるように、日頃の練習から上を目指して、勝利していきたいと思います。



トップページへ戻る このページの先頭へ戻る