雑 記 帳   最終更新日

トップページへ

ham_a2.gif 83x80 3.73KB
このページは、私の感じたことや気がついたこと、近況などを不定期に掲載しています。




《お知らせ》2016.9.19
 このホームページはau one netのホームページ公開サービスを利用して作成しております。
 この度、au one netからメールが届き、2017.10.31を持ってこのサービスを終了するとのことです。(HPの閲覧もできなくなります。)
 私は、1999年にこのHPを作って以来、今までコツコツと更新を続けて参りました。最終更新期限まで、更新を続けながら、このHPの内容を模様替えして、順次、「jimdoによる第二ホームページ」へ移行していくつもりでおりました。
 ところが、今現在で、このHPの利用できる容量が一杯になってしまい、これ以上更新ができなくなってしまいました。
 そこで、今回の更新を最後に、このHPの更新を停止し、今後は「第二HP」を正式なHPとして、やっていくことにしましたので、引き続き拙HPへのご来訪につきまして、よろしくお願いいたします。

愛すべきイワマツ(イワヒバ)たち 2016.9.4更新

自宅近辺にあるシダと苔 2014.11.8更新

jimdoによる第二ホームページ
(PCトラブルなどで、当ホームページが更新できないときは、第二ホームページでお知らせします。)


2016.9.11 白い彼岸花が咲きました

 畑の草取りをしていたところ、勝手に生えたゴーヤに埋まって、白の彼岸花が咲いていました。
 周りのゴーヤを刈り取って、花が見えるようにしました。
 赤い彼岸花もあるのですが、まだ芽を出していないようです。














2016.9.4 イワマツ鉢植え及び植え替え
 葉の大きさに対して、少し鉢が小さかったイワマツを大きな鉢に植え替えしました。
 また、8月17日に採集しておいたイワマツたちを鉢植えにしました。一部は石垣に植えました。
 それと、生い茂ったイワマツを枝分けしたときの小さな苗を大きな鉢の周りに植えていたのですが、それらも育苗ポットに植え替えしました。写真は上記リンク先をご覧ください。

2016.8.28 イワマツ新芽育苗ポットへ
 イワマツを枝分けしたときの新芽を平たい鉢にまとめて植えていたのですが、根付いて葉を広げ始めたので、育苗ポットに植え替えしました。もう少し大きくなったら鉢に植え替えします。写真は上記リンク先をご覧ください。

2016.8.17 イワマツ採集

 山に自生しているイワマツを何回か採集して、結構植木鉢が一杯になっています。ですが、ついついまた採集してきました。
 写真は上記リンク先をご覧ください。

2016.8.14 イワマツの手入れ

 ヴァイオリンの発表会も終わり、レッスンも夏休みということで、時間ができたので、イワマツたちの手入れをしました。
 古いイワマツの鉢に、コニシキソウという雑草がたくさん生えていたので、ピンセットで抜き取りました。
 また、すぐに縮こまってしまうイワマツに、山でコケを採ってきて土の上に敷きました。
 写真は上記リンク先をご覧ください。


2016.8.14 小学校の建て替え


 平成30年の開校に向けて、地元小学校の統廃合建て替え工事が始まっています。
 私の卒業した、木造の校舎はずいぶん前に建て直しされて、その時も寂しく感じましたが、大きなクスノキだけは昔と変わらない姿で残っておりました。
 でも、今回は、そのクスノキも切り倒されてしまうようで、残念です。









2016.8.7 イワマツの鉢を並べ替えました

 採集してきたイワマツたちを模様替えして軒下に3段に配置しました。(亡き父がサボテンの鉢植えを置いていた棚です。)
 このところの暑さは強烈なので、先住者のイワマツたちも全員、軒下に入れようかとも思ったのですが、スペースが取れないのであきらめました。その代わりに、少しでも鉢が熱くならないように、鉢の周りにぐるっとブロックを置きました。写真は上記リンク先をご覧ください。

2016.8.6 増え続けるイワマツたち

 8月3日にまたまたイワマツを採集してきました。それまでは、偶然雨の日ばかりでしたが、今回はお天気でした。イワマツたちは縮こまっていて、くっついている岩肌をいくら熊手でひっかいてもすり抜けてしまい、採集に苦労しました。その結末は上記リンク先をご覧ください。
 なお、今回は、できるだけ根を張っていた土やコケも一緒に持って帰って、鉢植えにしました。その方がイワマツたちにとっても優しいし、見た目にもより自然に近いので美しいです。


2016.7.24 ホテイアオイ花盛り

 メダカの水槽のホテイアオイがたくさん咲きました。
 でも、肝心のメダカの姿があまり見えなくなりました。
 絶滅してしまわないか心配です。













2016.7.10 トンボの羽化

 メダカの水槽で早朝ヤゴが羽化しているところを見ました。
 シオカラトンボの雌でした。
 ヤゴはメダカの天敵ですが、水槽が深かったせいか、多くのメダカは被害に遭わなかったみたいです。













2016.6.26 愛車50000㎞到達

 たまたまデジカメを持っていたので撮りました。
 フラッシュが反射して、わかりにくいのですが、中央下部に
50000と出ています。














2016.6.15 ホテイアオイ

 越冬して復活したホテイアオイの花が咲きました。(メダカの水槽)














2016.6.4 ポピーの種


 来年度用にポピーの種を取りました。















2016.6.4 メダカのえさ


 税込み100円です。
 メダカはよく食べます。














2016.5.28 マツバギク


 お隣さんからマツバギクを少し分けてもらいました。
 以前、私の家にもあったのですが、植え替て枯らしてしまい、ずっと欲しいと思っていました。













2016.5.28 ポピーの花終わる


 ポピーの花が咲き終わったので、鎌で刈り取りをしました。
 種を取るため少しまだ残してあります。
 刈り取った茎は、乾燥したら畑で焼きます。

 広い畑の人はトラクターで一気に倒してしまいますが、私の畑は狭いので、手作業で刈り取りをしました。子供の頃、田んぼをしていましたが、手で稲刈りをしていたことを思い出しました。










2016.5.15 クラウン燃費悪化の謎

 
3年前にクラウンをハイブリッド車に買い替えました。2500ccですが、カタログ燃費は23.2㎞となっていました。
 私は、徹底したエコ運転を行い、平均燃費20㎞代をキープ、エアコンを使用しない時期には21㎞代という驚異的な燃費を記録しておりました。(燃費はパネル表示の数値です。)
 昨年11月にタイヤ交換をしました。タイヤを選ぶ時に、エコタイヤという選択肢もあったのですが、そんなに燃費は変わらないだろうと考え、静かで乗り心地のよいタイヤを選びました。
 すると、確かに乗り心地はそれまでの、ゴツゴツした感じから柔らかな感じになりました。ところが、それ以来、燃費が平均17㎞代となり、約3㎞落ちました。運転の仕方は相変わらずエコ運転に徹していますので、タイヤの違いでこれほど燃費がかわるのかと思い、エコタイヤにしておけばよかったと少々後悔しておりました。
 でも、ネットで調べてみると、タイヤによる燃費の違いは多少はあるようですが、3㎞もの違いは大きすぎます。
 この度、最初の車検があったため、ディーラーにそのことを告げて、なぜこんなことになったか原因を教えてほしいと頼みました。
 ディーラーの話でも、エンジンやハイブリッドシステムに異常はなく、オイルとかエアフィルターとかの消耗品の劣化によるのか、経年変化によるのかくらいしか考えられないとのことでした。
 私もいろいろ考えてみて、当初の燃費ができすぎではないかという感じもしてました。通常走行していて、カタログ燃費に近い数値が出るのは返って不自然とも思えます。今の燃費が現実的かも知れません。それとも最初についていた純正のタイヤが究極のエコタイヤだったのか、それとも新車当初は高い燃費が出るが、やがて落ち着いてくるものなのか、謎は解明されていないままです。。。?

2016.5.4 阿波山川駅前のお知らせ

 
1年前に、阿波山川駅前の桐野商店閉店のお知らせを掲載しました。自転車預かりは続けますと書かれていましたが、ついに自転車預かりも終わりになってしまいました。
 昔から、JRを利用するときにいつもお世話になっていましたので、また一つの時代が終わったという寂しい思いです。











2016.5.1 ポピー満開

 
昨年秋に蒔いたポピーが咲きました。
 (上の畑)














2016.5.1 ポピー満開

 
畝に沿って蒔いたので、そのとおりに咲きました。
 (下の畑)















2016.4.30 ペンキ塗り

 物置のトタン屋根の錆が目立ってきたので、ペンキを塗りました。
 意外と時間とペンキの量がかかり、前日に、左に見える煙突から向こう側の部分だけで、時間切れandペンキ切れとなりました。













2016.4.30 ペンキ塗り完了

 
ペンキを買い足して、どうにか作業を終えました。
 写真は、日陰となりわかりにくいのですが、完成したところです。
 なお、本当はトタンの傷み具合が予想以上にひどくて、気をつけて歩かないと、踏み抜いて屋根に穴を開ける危険性がありました。
 本来なら、トタンを張り替えなければならない状況ですが、そうなると大事なので、これでいけるところまでいくことにしました。
(写真は翌日朝に撮ったものです。)










2016.4.30 使ったペンキの空き缶

 ペンキを畳の上に置いてある理由は、2階の窓から出入りしていたためです。














2016.4.27 タブレットのケースに穴をあけた

 8.4インチのタブレットを利用しているのですが、革製のカバーにカメラ用の穴があいていませんでした。カメラはほとんど使わないからまあいいか、と思っていたのですが、急に思い立って、彫刻刀とカッターを使って穴を開けてみました。
 写真を撮ってみところ、カメラとしては、使いづらい(大きさが微妙に大きいため)のですが、撮った写真の確認は大きな画面でわかりやすいです。










2016.4.23 つつじ

 庭のツツジが咲きました。
 畑のポピーも咲き始めています。















2016.4.16 突然訪れた人生の転機

 私は昭和52年3月に高校を卒業し、4月1日付けで徳島県職員に採用され、この3月末で39年間勤めました。
 39年の内、福祉事務所での勤務が通算22年です。特に、直近では16年間連続して福祉事務所に勤務しております。平成19年には、社会福祉士国家資格を取得しました。一般事務職として採用されてはいますが、人事課に福祉専門職コースという選択の届けを出しております。
 そして、定年まであと3年を残すのみとなり、最後まで福祉事務所で福祉の仕事を続けたいと強く希望しておりました。
 特に、平成25年度から毎年徳島大学の社会福祉士を目指す学生1名の相談援助実習を引き受けて、150~180時間の実習指導を行ってまいりました。福祉を志す学生を毎年指導しているうちに、私自身もますますこの福祉の世界で生きていこうという決意が強くなっておりました。
 ところが、3月23日、人事異動の内示があり、意外にも、全く福祉とは関係のない「企業局」への転勤を命ぜられました。私には、福祉の仕事以外をすることは考えられなかったので、早期退職を決意し、辞表を提出いたしました。
 公務員の場合、定年まで勤めることが当然のことであり、私は重大な決断を迫られたのですが、自分なりの信念で決断しました。
 幸い、某市社会福祉協議会が1年契約ですが社会福祉士として雇ってくれました。今後のことは追々考えたいと思います。

2016.3.20 パソコンを更新しました
 長年使い続けてきたWindows Vistaパソコンが、動きが怪しくなってきたので、思い切ってWindows 10パソコンに買い替えました。ホームページの更新がうまくできるかテスト中です。

2016.3.20 ホテイアオイの越冬

 メダカの水槽のホテイアオイです。
 毎年、冬には枯れていましたが、この冬はおしなべて暖冬だったせいか、芽が出てきました。













2016.3.19 誇りを持って「一太郎」を使おう!
 日本語ワープロソフト「一太郎」は、今ではマイクロソフト・ワードに完全にシェアを奪われ、マイナーなソフトというイメージとなっていますが、かつては一世を風靡したワープロソフトです。マイクロソフトの販売戦略に負けてシェアを落としてしまいましたが、日本人が日本語のためにつくったワープロソフトで、とても使いやすいソフトです。しかも、「一太郎」は、かつて徳島県に本社があったジャストシステム社製で、徳島生まれの徳島育ちです。徳島県民の皆さん!誇りを持って「一太郎」を使いましょう。

2016.3.13 アドラー心理学って
 すべては自分が選択したこと、出来ないのはする勇気がないだけ・・・、と興味深い考え方ですが、何か切り捨てられる感じがします。勇気を持つためのエネルギーの注入が必要だと思います。

2016.3.13 PC更新検討中
 現在使用しているPCは2007年に購入したWindowsVISTAパソコンです。5年ほど前にWindows7にアップグレードしたのですが、直後に不調となり、VISTAに戻って初期化したまま使い続けております。また、動きが少しおかしくなってきたので、買い換えを検討中です。

2016.2.28 こうして残りの人生を過ごしていくのか
 休日、両親のいなくなった実家で、ぼんやりと外を眺めていると、退職したら毎日こうしてこの世での限られた時間を潰していくのか、と思いました。人はみな死刑囚。拘束されているか否かの違いだけ。。。

2016.2.14 jimdoによる第二ホームページ作成
 このホームページはホームページビルダーで作成しております。家のパソコンでファイルを作成し、ホームページのサーバへ転送しています。そのため、家のパソコンでしか更新ができません。
 この度、どのパソコン、タブレットからでも更新できる無料のクラウドWebサイト作成ソフトjimdoを使って第二ホームページを作成してみました。リンク先は上記のとおりです。
 内容は、現時点では当ホームページの簡略版ですが、そのうちオリジナルの内容を掲載するかも知れません。


2016.1.24 寒波襲来


 
昨年末から年末年始と暖冬だったのですが、なんとこの冬一番という寒波が襲来。














2016.1.17 facebookはますます使いにくく・・・

 思いがけず交友関係を深めることができるメリットがあるため、facebookもやっていますが、最近、「いいね」ボタンのほかに、「悲しいね」「ひどいね」などのボタンが追加されています。
 私の画面もいつからか表示される記事(写真)が多くなって、私は「いいね」を押すのが面倒くさくなってしまい、スクロールしてざっと見るだけにしています。
 ボタンが増えてよけいに複雑になったし、「ひどいね」などというのは、受け取りかたで違った意味になるおそれもあり、ますます使いにくくなっています。


2016.1.3 新年にあたって
 特に思うことは何もありません。欲しいものも、希望もありません。その日その日をなんとかやり過ごすして行くしかないかなあと思っています。
 強いて言うなら、できるだけ「物」を増やさないようにしたい(できれば減らしたい)ですね。人生の最期に向かって整理して行きたいと思います。

2015.12.27 今年1年を振り返って

 5月に意に反した配置換え(所属内異動)があり、葛藤の続いた(今も続いている)1年でした。定年まであと数年となった今、早期退職も考えつつ思案の1年でした。
 両親の介護の負担がなくなったことで、私自身自由になったものの、生きている意味が感じられず、なんとなく惰性で生きている感じの1年でした。

2015.12.27 アロエの花が咲いた

 結構前から花芽のようなものが出ていましたが、花が咲いていました。
 アロエの花を見たのは初めてです。しかも、冬に咲くとは。。。
 やはり温暖化のせいでしょうか。











2015.12.20 まさに「歌声喫茶」
 今年は、高齢者の施設からお声をかけていただき、何回かヴァイオリンを弾かせていただきました。
 昔、カラオケなどない頃、「歌声喫茶」というものが流行ったそうですが、私の最近の芸風(!?)はまさにこれで、演奏を聴いてもらう(聴かす?)のではなく、皆さんに事前に歌詞を配って、唄っていただいています。
 これだと、皆さんも退屈しませんし、私自信も、出だしのメロディーをちょこっと弾けば、あとは皆さん熱心に唄ってくれるので、私が間違おうが詰まろうがほとんど問題ないので、とても楽です(^^ゞ


2015.12.13 はや、年末が近づいた

 歳が行くほどに、早く月日が過ぎ去るように思います。身体の代謝のスピードが遅くなる分、現実の時の流れを早く感じるようになるからだとか。。。

2015.12.5 両親の遺品整理が進みません

 両親が亡くなってはや1年以上経ちました。父が2014年5月4日に肺炎をこじらせて、同年9月4日に母が急性心筋梗塞でそれぞれ亡くなりました。
 二人とも急なことだったので、家で生活していた時のままで、使っていた物が残っています。
 私は二人の葬式にも涙は出ませんでしたが、いまだ遺品の整理ができずにおります。

2015.11.29 荷下ろしうつ病

 昨年、私が介護していた認知症の両親が相次いで亡くなりました。今は自分の時間がたくさんとれるようになったのですが、気分は全く晴れません。予想以上に精神的にこたえていたのだと、今になって思います。

2015.11.27 タイヤ交換したら燃費が悪くなった

 先日クラウンのタイヤがパンクして交換したのですが、1本だけ新品になると溝の減っている他のタイヤとのバランスが悪くなるので、思い切って4本とも交換しました。ゴツゴツと突き上げのある固い乗り心地は嫌いなので、できるだけ静かで乗り心地のいいタイヤをつけてもらいました。
 確かに、乗り心地は良くなったのですが、燃費がかなり落ちてきました。冬がくるといつも燃費は悪くなるのですが、いつも以上に燃費が落ちています。何とかエコ運転で少しでも燃費を向上させたいと思うのですが、いいとこ取りは無理なのでしょうか。。。

2015.11.25 目から鱗の英文法
 「英文法が好き❤」という人は余りいないと思いますが、私は好きなのです(でした)。
 でも、「仮定法」、「分詞構文」などから、あまりよくわからなくなり、用法などを無理矢理暗記しようとしてもなかなか頭に入りませんでした。
 ところが、最近ひょんなことから、英語講師の関正生という方の『サバイバル英文法』(NHK出版新書)を読んで、目から鱗が落ちるごとくによくわかりました。(『世界一わかりやすい英文法の授業』関正夫著・KADOKAWAはもっと詳しい。)
 同じ意味とされている用語についても、ネイティブが考えている、微妙なニュアンスの違いなどを知ることができてとても興味深いです。

2015.11.24 パンクとスペアタイヤ
 通勤途上で車の左後輪がパンクしました。新車購入時に標準設定では、スペアタイヤは付いていなかった(応急補修用キット付き)のですが、オプションで購入しておりました。パンクしたタイヤはかなりダメージをうけており、応急補修用キットでは対応できなかったと思うので、スペアタイヤのおかげで事なきを得ました。

2015.11.22 人は生きたように死ぬ

 死にざまは生きざまを表すということでしょうか。11月20日大相撲の北の湖理事長が亡くなりました。ニュースによると、周囲から九州場所を休場し入院をすすめらても、「病院でジッとしているだけなら、ただ死ぬのを待つだけだ!」と拒否し、最期まで土俵を見届けた、壮絶な死だったそうです。現役時代から弱音を吐かない人だったといいます。最期までご自分の生き方を全うされた北の湖理事長に敬意を表しますとともに、ご冥福をお祈りします。合掌

2015.10.18 今後ホームページの分量を減らしていきます

 今回更新時に、写真をアップしようとするとエラー表示が出てサーバーへの転送ができませんでした。エラー表示を調べてみると、私の利用している無料のサーバーは容量が一杯になったようです。
 とりあえず、2~3枚の写真を削除すると今回の更新はできました。今後、不要な写真や記事を徐々に削除していきたいと思います。
 ところで、現実の生活上でも、”物”を減らしていかなければいけないと感じています。私は性格上、物をなかなか捨てられないタイプですので、物や本が溜まる一方です。こちらも、徐々に整理していきたいと思います。

2015.10.18 ポピー(ケシ科)の種を蒔く


 隣のTMさんが稲を刈った後に、ポピーの種を蒔くそうで、私の畑に何も植えていないのを見て、おたくも一緒に蒔きませんか、と言って種をくれました。
 ちょうど草を取った後だったので、少し整地して種まきをしました。
 写真は、ポピーの種を蒔きやすいようにTMさんが土にまぜてくれました。











2015.9.30 大腸内視鏡検査受けました

 職場の定期健康診断の大腸がん検診で、「要精密」との結果通知がありました。
 そこで、昨日、徳島市内の「おかむら内科クリニック」で大腸内視鏡検査を受けてきました。以前にも他の病院でこの検査を受けたことはあるのですが、検査も苦しかったし、なにより事前に約2リットルの液体の下剤を飲んで腸の洗浄を行うのが結構大変なのです。
 今回も下剤には苦労しましたが、検査自体は専門医のためか全く苦痛もなく、結果も「異常なし」ということで安堵いたしました。

2015.9.27 山椒(サンショウ)

 畑の岸に何やら怪しげな植物が育ってきました。「とげとげ植物」で検索してみると、山椒であることがわかりました。














2015.9.13 今年も咲きかけた紅白の彼岸花


 
暑かった夏も終わり、彼岸花の咲く頃となりました。
















2015.9.9 雑談力がグーンとUPする「魔法の言葉」とは?

 『・・・そんなとき、たった1つの”魔法の言葉”を意識するだけで、ぐーんと雑談が楽になるのです。その魔法の言葉とは「イエスアンド」。例えば相手が「今日は良い天気だね!」とあなたに話しかけたとします。その言葉を聞いたあなたは「本当に気持ちの良い天気ですね。こんな日はオープンエアのカフェでお茶したら気分も上がりますよね!」……そう、相手の言葉を肯定的に受け入れ、それに自分のアイディアを1つ足すだけで会話はいつまでも続けられるのです。・・・』【2015.9.9 オールアバウト新着ニュースから】

2015.8.2 熱中症気味

 連日35℃を超える猛暑が続いています。無謀なことを承知で、本日日中に畑の草刈りをしました。雑草はこの暑さもものとはせず、雨も降らないのに驚異的な生命力ですくすく育っています。早くなんとかしたかったのですが、なかなか時間が取れなくて今日になってしまいました。案の定、熱中症気味で頭痛が続いています。。。

2015.7.18 メダカ激減

 台風11号の降雨ため、メダカ水槽の水が自然に入れ替わり、やや透明になっていました。繁殖しすぎたホテイアオイを除いてみると、何と20匹ほどいたはずのメダカが親メダカ1匹と子メダカ5匹だけになっていました。メダカの飼育など簡単と思っていましたが、なかなか難しいです。。。

追記2017.7.20
 メダカの昇天が相次ぎ、ついに3匹だけになりました。







2015.7.12 メダカ3匹昇天
 メダカ水槽に増えすぎたホテイアオイの間引きと少しだけ水を入れ替えました。3匹の親メダカが死んでいるのを発見しました。子メダカは順調に大きくなっているようです。

2015.7.5 メダカの水を替えようと思ったのですが。。。


 メダカの水槽の水が緑色になってきたので水を替えようかと思ったのですが、メダカにとっては悪い影響はないそうなので、そのままにしておくことにしました。
 植物性プランクトンが発生しているので、稚魚にとっては餌にもなるそうです。
 ただ、メダカの姿が見えないというデメリットがありますが、水面近くを泳いでいる姿はどうにか見えます。










2015.7.3 姫扇水仙満開



























2015.6.28 野生メダカ採集

 阿波町の田んぼの横の溝にメダカが生息していると聞いて、小雨降る中、網とバケツを持って出かけました。
 メダカというと群れをなして泳いでいるイメージがありましたが、この水路はとても浅く、メダカはいないように見えました。ところが何かとても動きの速い生き物が動いたり止まったりしているのでよく見るとのメダカでした。
 野生のメダカはこんなにもすばしこいのかと驚きました。網を持って追いかけましたが、とても採れません。
 しばし途方に暮れましたが、いい方法を思いつきました。メダカがいようがいまいが、網を底引き網のように泥水のまま引きずってみました。
 すると何回か繰り返すうちに、親メダカ7~8匹、子メダカ10匹くらい採れました。



2015.6.28 採集したメダカ


 泥水といっしょに網ですくうとメダカの稚魚は比較的たくさん捕れるのですが、親メダカはなかなか採れないので、これくらいで諦めて退散しました。
 それでも、これだけメダカが採れたのは、浅い狭い水路だったからです。広かったり深かったりしたら1匹も採れなかったと思います。
 帰って、ホームセンターで買ったメダカのいる水槽に入れました。やはり、野生のメダカの方が動きがすばやいようです。










2015.6.28 野生メダカ


 野生のメダカは動きが素早いのでなかなか写真をとることができませんでしたが、偶然うまく撮れました。















2015.6.28 姫扇水仙(モントブレチア)咲く

 本格的な夏の到来を表すように、ヒメオオギスイセンが咲き始めました。
















2015.6.13 イモリ


 
最近見かけなくなっていたので、絶滅したのかと思っていましたが、思いかけず、庭の排水路で発見しました。














2015.5.5 阿波山川駅 駅前


 日付が前後してしまいましたが、地元JR阿波山川駅駅前の桐野商店が閉店しました。汽車通学、汽車通勤時代によく利用してたので、寂しいかぎりです。そして、じゃまな自転車がこんなにたくさん。。。































2015.5.17 サボテンに花が咲いた



2015.5.9 軒先に自生した野バラが花をつけました。


















2015.5.3 ふいご温泉駐車場の下はゴミだらけ

ふいご温泉の駐車場から下を眺めると、ゴミが一杯(下の川は川田川)















2015.5.2 ポピー(ケシの一種)

近くの休耕田でポピーが満開になっています。

















2015.3.22 緑が増してきたイワマツたち
 春になってイワマツの緑が増してきました。(写真は上記リンク先をご覧ください。)

2015.2.22 目覚め始めたイワマツたち
 寒かった冬でしたが、春はすぐそこまで来ています。気の早いイワマツたちが葉っぱを伸ばし始めました。(写真は上記リンク先をご覧ください。)

2015.2.22 タブレットのカバーを買いました


 閉じたところ。

















 開いたところ。

 画面はケースのままでキーボードにはめて立てることもできます。














2015.2.11 タブレットを買い換えました

 
2011年に買ったタブレットが調子悪くなったので、最新機種に買い換えました。
(GALAXY Tab S 8.4 SC-03G)
 写真ではパソコンのように見えますが、8.4インチタブレットで、キーボード付きです。(キーボードは取り外せます。)
 画面での入力はとてもストレスになっていたので、持ち運びに少々かさばっても、キーボード入力ができるのはとてもありがたいです。









2015.2.8 「親死 子死 孫死」(本日付徳島新聞「鳴潮」欄から)

 一休さんは、おめでたい言葉をと信者に頼まれて、こうしたためた。怒った信者に対し、「じゃあ、孫死に、子死に、親死に、の方がいいのかい」と言ったそうな。
 先に生まれた者が先に逝くのは自然のこと。私は昨年、高齢の両親を相次いで送りました。ふと寂しさを感じるときがありますが、これも自然のことわりということです。

2015.1.24イワマツの鉢が割れる

 前日の雨ですっかり水を含んだイワマツの鉢が1鉢、急激な気温低下で凍ってしまい、割れてしまいました。(写真は上記リンクを参照してください。)

2015.1.1 新年に思うこと


 正月は冥土の旅の一里塚めでたくもありめでたくもなし 一休

 正月って不思議ですね。昨日と何も変わらないのに何か新しい気持ちになります。













2014.12.28 今年を振り返って
 今年は私にとって激動の一年でした。
 5月に父が亡くなり、9月に母が亡くなり、立て続けに葬式を出すこととなったのですが、自分でもよく気力が持ったものだと思います。年老いた両親の介護と二人を送ることが私の生きている意味だと思ってやってきましたので、若干呆然とした状況が続いています。

2014.12.7 雪の高越山


 昨日高越山山頂にある高越寺の住職と使用人が積雪1mの駐車場で凍死するという事故がありました。
 身近な山でこんな事故が起こるとは。。。













2014.11.20 もう、折れない。 

 仕事で使っているシャープペンが、ちょっと力を入れて書こうとすると、すぐ芯が折れて困っていました。
 You Tubeで紹介されているのを見つけて、これを買ってみました。まだ、あまり使っていないので、芯が折れないかどうかはわかりません。 にぎりの部分がラバーでないので、持った感触は今ひとつです。









2014.11.16  お先にどうぞ

 冬場はハイブリッド車の燃費が悪くなります。暖かい時には平気でバッテリーで走っていたのに、寒くなるとすぐにエンジンに点火してしまいます。。。。
 ますます慎重にアクセルを踏む結果、ふと気がつくと後続に車の列が・・・(‥;)
 できる限り、進路を譲って追い越してもらっているのですが、よくわかるように「お先にどうぞ」ステッカー(マグネット)を貼り付けました。






2014.10.12 イワマツをもっと仕入れようとしたら売り切れ・・・
 昨年購入したイワマツは結構十分な量だと思っていましたが、もっとたくさんのイワマツが欲しくなり、ネット通販のサイトをいくら調べても出てきません。購入履歴から、直接販売店のサイトを見てみましたところ、「売り切れ」となっていました。栽培したイワマツでなくて、山で採取してきたイワマツを販売していましたので、なくなってしまったのかもしれません。他に、一部販売しているものもあるのですが、盆栽として完成しているものばかりです。かくなるうえは、手元のイワマツを気長に栽培していきたいと思います。

2014.10.12 休養

 先週は仕事で少し精神的に疲れてしまい、1週間ほど休みました。週明けから出勤しようと思っていたのですが、知人からのアドバイスで、金曜日から出勤しました。こうすると、休み明けの精神的負担も少し楽でした。

2014.10.4 政教分離
 本日自治会の除草作業がありました。作業終了後、集会所に集まって自治会からの連絡事項がいくつかありました。その中に、八幡神社の秋祭りの寄付集めを従来は世話役の若衆が手分けで各戸をまわっていたのですが、若衆の手が足りないとの理由で、自治会組織の中の各班長が集めることについて諮られました。出席者全員が賛成したので、私は何も言いませんでしたが、自治会が特定宗教(神道)の便宜をはかるというのはどうか疑問の残るところです。
(2014.10.7補足 ネット情報からですが、自治会組織は補助金はもらっていても公的団体とは言えないそうで、政教分離に反するというよりは、自治会各会員の「信教の自由を侵害する」恐れがあると思われます。)

2014.10.1 アロエ

 職場の近くの住民の方に、「立派なアロエですね!」と褒めたら、大きな枝を二つ切って、くれました。(元のアロエは木のようでした。)










2014.9.13 トヨタ創立70周年記念

 徳島トヨタ脇町店でもらった記念品はクラウンマークのどら焼きでした。











2014.9.8 紅白の彼岸花


 先に白い花が咲いて、1~2日遅れて赤い花が咲きました。












2014.8.30 親指シフト

 何を隠そう、私は元親指シフターで、ワープロ全盛時代にオアシス30SF、AXⅡ、LXⅡと平成元年から平成10年くらいまで親指シフトのワープロを使っていました。(ローマ字入力も併用)
 その後、パソコンを使うようになってローマ字入力しか使わないようになっていました。
 ポメラDM100で親指シフトが使えると知って、早速購入しました。キーボードはJIS配列ですが、入力方式の設定で親指シフトに切り替えができ、キートップ貼り付ける親指シフト用シールがついています。
 丁寧にシールを貼り、いざ、懐かしの親指シフトを!!と思ったのですが、アレ?アレ?(・_・;? 完全にキー配列を忘れているのに気がつきました。
 これからポツポツと練習していきます。。。(・・。)ゞ テヘ

2014.7.13 ヒメオオギスイセン咲く

 5月に植えたヒメオオギスイセンがやっと花を咲かせました。
 「キンギョソウ」とばかり思っていたのですが、キンギョソウは全く別の花でした。
 モントブレチアとも言うそうですが、キンギョソウの方がよく似合っているような気がします。







2014.7.5 オシロイバナ (色の混ざり方いろいろ)



























2014.6.29 サボテンの花

思いがけず咲いたサボテンの花












2014.6.15 約2週間インターネットが使えませんでした。。。
 ADSLから光回線への変更に伴って、いろいろ設定に手間取り、約2週間インターネットが使えませんでしたが、悪戦苦闘の結果やっとつながりました。ややネット依存症気味の私にとっては長い2週間でした。。。(^^;)

2014.5.25 ホルツ・デントマジックによるへこみ修理・・・失敗の巻き

セカンドカーとして購入した中古のラパンの運転席ドアに小さなへこみがあるので、ネット通販で購入した器具を使って補修を試みました。

宣伝用のYou Tube動画ではものの見事にへこみが直っていましたが、何度挑戦しても失敗。。。(;-ω-) =3 ハァ~

まん中の器具に接着剤をつけてへこみの部分にくっつけます。接着剤が乾燥してから、両端の器具を支えにして接着した器具をねじで引っ張ります。





2014.5.18 野バラ

雨樋の筒に沿って伸びてきた野バラ






















2014.5.3 最初で最後の愛車3車そろい踏み


左の古いクラウンは本日知人に譲ります。
替わってセカンドカーとして中古のラパン(右)を買いました。














2014.5.3 ヒメオウギスイセン購入

ヒメオウギスイセンでネット通販を探したのですが、見つかりませんでした。
モントブレチアで検索するとヒットしたので、購入しました














2014.4.29 農夫

畑の草を取る農夫。(私です)















2014.4.29 つつじ

紅白そろって咲いたので撮りました。
















2014.4.29 噴水のまわりりを苔で覆う


自動散水装置の放水口のまわりが土のままでしたので、を苔でおおいました。

苔は緑のきれいなものを選びました。
(苔の名前はわかりません。)












2014.4.27 ヒメオウギスイセンでなかった。。。


ヒメオウギスイセンと思って山の谷川で採取してきて植えていたのですが、変な花?が出てきて、間違っていたことがわかりました。

のちに、「セキショウ」という水辺の野草だということがわかりました。










2014.4.27 イワマツ用自動散水装置を設置

定刻に自動的に散水する装置を設置しました。
(写真は散水動作中)














2014.4.27 散水装置制御部

時刻、散水時間等をセットできます。















2014.4.6 ハイブリッド車の燃費

 寒い時期にリッター17㎞台に落ちていた燃費が、気温の上昇とともに20㎞台に回復してきました。
(意外なことに、夏より冬が燃費が悪いのです。)













2014.4.5 ラジコ・エリアフリー


 私は大阪の朝日放送ラジオが好きで、よく車で聞くのですが、部屋の中では電波状態が悪くて十分に聞こえません。
 インターネットでラジオが聞けるradikoというサービスがありますが、聞ける地域が限定されており、当地では大阪の放送を聞くことができませんでした。
 それが、4月1日から有料版ですが、全国のラジコをきくことができるようになりました。月額350円(税別)ですが、私にとっては、とてもありがたいサービスです。
 なお、タブレットでも利用できます。






2014.2.23 ダブル洗車


クラウン1号洗車完了!
(旧車を下取りに出さずにおいています。)















続いてクラウン2号洗車完了!















2014.2.1 アナログラジオを購入


 大阪のラジオ放送を聞くために、”原点に返って”、高感度ラジオと評判のSONY ICF-EX5MK2を購入しました。
 さすがに、高感度ラジオとうたっているだけあって、ポケットラジオより高感度で受信できます。

 右側の赤い”輪っか”は、別途購入したAM受信用「ループアンテナ」です。外部アンテナ端子に接続するものですが、あまり効果はありませんでした。
 ちなみに、このラジオ、アナログチューニングに大きなダイアル表示、「昭和」の時代を彷彿させるスタイル、懐かしさを感じさせるラジオです。それでいて、高性能というところがとても気に入っています。




2014.1.19 自殺はなぜいけないんだろう?
 自殺もひとつの人生の選択だと思う。但し、他人に迷惑をかける死に方をしたり、残った家族を経済的に困らせることはよくないと思う。

2014.1.19 別人
 だんだんと呆けてくる両親を見ていると、自分の両親はもうどこかに行ってしまって、目の前にいるのは単に手間のかかるやっかいな老人だと思ってしまいます。

2013.12.29 私がキリスト教会を離れた理由

 私は、1988年頃、信者である知人から誘われ初めて教会に行きました。それから約25年間、日曜礼拝やその他の集会に通いました。
 教会に行き始めた翌年に、牧師に勧められるままに洗礼を受けました。
 その後、2013年4月まで約15年間教会の役員を務めました。
 
 役員を辞任してからは一度も教会に足を運んでいません。
 このたび、私がキリスト教と教会を離れた主な理由をここに公表しておきたいと思います。

1 自分の人生観と相容れないこと
 私は死んだらすべてを終わりにしたいと思っています。キリスト教ではイエスキリストを信じて死んだ者は天国に行くとされています。私は死んでまでまだ生きたいとは思いません。

2 聖書は「一言一句誤りの無い神の言葉」であるとは考えられないこと
 私の通っていた教会では、聖書は誤りの無い神の言葉であると教えられました。
 しかし、聖書は人の手で書かれたものであり、天地創造やイエスキリストの「伝承物語」であると考えるのが自然な考え方であると思います。
 「聖書は神の言葉である」という土台のうえに成り立っているキリスト教は、私のなかでその土台が崩壊すると私の中のキリスト教は全く意味を失ってしまいました。
 もっとも、聖書から「人生の教訓」を読み取ることができるという点においてだけは、聖書は有益な書物であると言えると思います。

3 キリスト教ではこの世に起こる様々な事象の説明ができないこと
 東日本大震災が起こったとき、全知全能であって愛の神は一体何をしていたのでしょうか?
 
 そもそも震災も神が引き起こしたことなのでしょうか?
 それとも、自然災害に対しては神は何もできないのでしょうか?
 下記、2011.12.10の記事にも書いたとおり、震災に関してローマ法王の言った言葉も意味不明です。
 
 以上のことから、私にはキリスト教は今では何の意味も無いものとなりました。
 もし仮に、神が存在するとしても、それは宇宙や時間を支配している法則のようなものであって、キリスト教の言う「人格神」であるとはとうてい考えられません。

 ついでに言わせていただくと、人の人生観、価値観などは非常にプライベートな部分であると思いますので、違う価値観を押し売り(教会用語では伝道あるいは宣教と言います)するのはやめていただきたいと思います。
 もちろん、私自身はキリスト教に満足している方々に対してどうのこうの言うつもりは毛頭ありませんので、念のため。

2013.11.19 オタマトーンデラックス


オタマトーンデラックスを購入しました。
練習する時間があるかどうかが問題ですが。。。



オタマトーンデラックスの説明はこちら











2013.11.10 コケとシダ その3
 コケとシダに興味を持ったのですが、なかなかこの分野は素人では難しいです。図鑑のところどころに「初心者は・・・」などという記述があるくらいです。探検して新種を見つけることまでするつもりはありませんが、せめて身近なコケとシダの名前だけでも知りたいものです。

2013.11.4 苔とシダ その2
 苔もシダも名前を知りたいのに、図鑑を何冊見てもどれも同じようでよくわかりません。。。(´_`;)トホホ
 だれか、私に苔とシダの名前を教えてください!


2013.10.27 シダと苔

 イワヒバを育て始めてから、シダと苔にも興味が出てきました。(イワヒバもシダの一種なのです。)
 気にしてみていると、「こんなところに、こんな苔(シダ)がある!」(シダはどこにでもありませんが)と新たな発見があります。


2013.10.20 愛すべきイワヒバ(イワマツ)たち

 私が育てている、愛すべき・個性的で表情豊かなイワヒバ(イワマツ)たちのアップの写真を、別ページに追加しました。上記リンクからお入りください。
 なお、私は写真については、全くの素人なのですが、いいお天気の日より曇りの日の方が、影がなくてにきれいに撮れることを発見しました。

 
それと、昨日、今日と雨ですが、イワヒバたちは雨が好きなんですね、葉っぱを精一杯のばしています。


2013.9.29 あらためてイワマツ(イワヒバ)勢揃いの図

 写真下の方の鍋に入れてある黒いものは、↓の写真のイワマツ(イワヒバ)の一部です。
 あらためて、鹿沼土に植えて(置いて?)水をやっています。新芽がたくさん出てくるとうれしいのですが。












2013.9.29 イワマツ(イワヒバ)の新芽

 イワマツ(イワヒバ)をどっさり買ったとき、分岐して残った土のような、腐葉土のようなものは要らないと思って、畑に捨てました。
 でも思い直して、もう一度畑から取り出して、水をやっていると、なんとイワマツ(イワヒバ)の小さな新芽が!
 一見腐葉土のように見えたものも、イワマツ(イワヒバ)の一部だったのです。








2013.9.23 スイレン

ミニスイレン














2013.9.14 イワマツ(イワヒバ)

 山盛りのイワマツを大小取り分けて、鉢植えにしました。
 ネットで調べた情報では水はけが大事とのことで、軽石の砂利(小)を鉢の底にしいて、鹿沼土を入れて植えました。
 イワマツって不思議な植物です。(シダの仲間)どこが茎でどこが根かわかりません。。。植えたと言っても、単に「置いた」だけという感じです。

(写真上の方一部はサボテンです)








2013.9.14 イワマツ(イワヒバ)

 ふと、思い立ってイワマツを植えてみたくなりました。山に取りに行くにしても、どこにあるのかわからないし、どこか売っているところはないかとネットで調べてみました。
 すると、「注文を受けてから山に取りに行きます」という花屋さんを見つけたので早速注文しました。
 1週間後に届いたのがこれです。宅配便で届いた段ボールの箱が重かったので、いくつか鉢植えにしてくれているのかと思い、開けてみましたところ、開けてびっくり、山で採取したそのままでイワマツが山盛り入っていました。






2013.9.14 ヒメオオギスイセン(?)

 子どもの頃、遊び場だった近くの谷川に赤い小さな花をつける野草があったのを思い出しました。その谷川は今はコンクリートの3面張りとなり、動植物はまったく生息することができなくなりました。

 谷川の上流の山中へ入ってその花と思われる植物を取ってきて畑の隅に植えました。(花が咲いてみないとわかりませんが)
 日本古来の野草と思っていましたが、ネットで調べてみると、明治時代にヨーロッパから入ってきたそうです。

 私はその花をキンギョソウと思っていましたが、キンギョソウは別の花で、ヒメオオギスイセンというそうです。



2013.9.14 遅れて咲き始めた赤い彼岸花

 白の花に1週間ほど遅れて赤い普通の彼岸花が咲き始めました。

彼岸花は日本の田舎の風景にとけこんでいるので、日本古来の花と思っていましたが、ウィキペディアにによると、古い時代に中国から入ってきたそうです。










2013.9.8 白い彼岸花が咲いた


 昨年道ばたに咲いているのを見つけて球根を掘って持ち帰り、畑の隅に植えていました。
 赤い花の球根も植えているのですが、白だけ先に芽が出て咲きました。












2013.8.18 コツコツとポイントを貯め込んで・・・


 ローソンのポイントとシールでハローキティのガラスボールとお皿を手に入れました。














2013.8.18 猛暑、炎暑、酷暑・・・

 四万十市で日本最高気温41℃が記録された8月12日、当地でも37℃でした。
 毎年、「ことしの夏は暑い」と言っているような気がしますが、今年の夏の暑さは尋常ではないです。


2013.7.29 タイヤ止めに注意!
 旧車では、何も考えずタイヤ止めまで進んでいましたが、新車では要注意です!
 フェンダ部でもすれすれですし、前輪のタイヤの前に短い泥よけがついていますが、それがタイヤ止めに接触することがあります!!










2013.7.27 芝刈り


 あぜ道の芝を刈るために、充電式バリカンを買いました。
 ハサミで刈るのに比べて大変効率がよくなりました。













2013.7.27 エコ・ドライブに徹する

 ハイブリッド車に買い換えました。
 ゆっくり加速、スピード控えめ、エコ・ドライブに徹しています。

 (エコドライバーのマグネットステッカー)










2013.7.27 友達
 ヴァイオリン教室で知り合った小学4年生の男の子がお母さんに「成見さんと友達になった。」と言ったそうです。その話を聞いてうれしかったです。

2013.7.21 除草剤
 わずかばかりの畑ですが、毎年この時季汗だくになりながら、草を取っていました。
 今年は途中で体力と気力がなくなってしまい、不本意ながら除草剤をまきました。(一部野菜を植えている部分を除く。)除草剤は毒をまくようで、本当は嫌いだったのですが、背に腹は替えられません。。。(--;)


2013.7.14 ハイブリッド車による日々燃費への挑戦
 ハイブリッド車を購入し、1か月少々が経過しました。私は、36年前運転免許を取って初めて買ったサニー1200の中古車がよくエンストして困ったことがトラウマとして記憶に残っており、ハイブリッド車のアイドリングストップや走行中にエンジンがストップし電動に切り替わるというのが、どうしても恐くて、信用できないでいました。
 ハイブリッド車に乗りかえてしばらくは、やはり信号でエンジンがプスンと止まるたびにといやな感じがよみがえっていましたが、今ではもう慣れました。エンジンを点火するかどうかはいろいろな状況をコンピュータが勝手に判断して行っています。私の今の感覚では大きなコンピュータが走っていると錯覚するくらい全く「賢い」車です。
 燃費は前の車の2倍近くのびています。いつも前回給油以降の燃費がデジタル表示されていますので、もっともっと記録を更新してやろうとエコドライブを工夫するのが、運転時の楽しみのひとつとなっています。


2013.7.7 初めて遠近両用メガネをかける
 近眼のメガネをかけていましたが、老眼が進み近くが見えなくなったため、遠近両用メガネに替えました。目線の角度によってぼやけたりゆがんだりして、車酔いのような気分になりました。これって慣れるんでしょうか。。。

2013.7.6 コンクリートのあぜ道その2

 コンクリートのあぜ道のひび割れ部分に芝生(?)を植えたところ順調に繁茂しひび割れ部分を覆ってくれています。












2013.7.6 コンクリートのあぜ道(別の場所)

 こちらは別の場所ですが、やはり緑で覆いつつあります。













2013.6.30 私がキリスト教会を離れた理由
 私の通っていた教会では、聖書は”一言一句誤りの無い神の言葉”だと教えられ(信じさせられ)ます。
 ところが、いろいろな本を読んだり、サイトを見たりすると、聖書には、記者が明らかに書き間違ったと思われる点、あるいは恣意的に書き換えたと思われる点が多々あるとされています。
 教会では、それでも聖書は”神の意志が働いて”人をしてそう書かせたと主張します。それを信じるか、それとも聖書は単に人が伝承の記録として書きとどめた文章にすぎないと信じるかを考えたときに、私は後者を選びました。
 となると、私がキリスト教徒であることの土台は根底から崩れ去ったのです。


2013.6.24
 子供叱るな、来た道だもの。 年寄り笑うな、行く道だもの。 (「名言ナビ」より)

2013.6.22 うわさのピンクのクラウン見学

 徳島トヨタ脇町営業所にピンクのクラウンが展示されていると聞き見に行ってきました。
 色はメタリック塗装のきれいなピンクでした。

 










2013.615 通販の失敗の巻(無用の長物)

 ノートパソコン用のテンキーとマウスが一体になった物。
 これは便利だ!と迷うこと無くクリックして届いたのが、これです。
 肝心のテンキーの部分は小さすぎて使えず、四角いのでマウスとしても手に馴染まず。。。。

 「二兎を追う者は一兎をも得ず」でした。







2013.6.9 「1分以上、ふて腐れない。」
『君にはもうそんなことをしている時間は残されていない』千田琢哉著・あさ出版より

2013.5.25 コンクリートのあぜ道


 家の前のあぜ道をコンクリートで覆って20年以上になります。ところどころひび割れてきました。
 そこで、そのひびを埋めるため、野生の芝生(?)を持ってきて植えました。ひびに沿って草がのびていってうまく隙間がうまっていっています。いっそこのまま、道すべてを草が覆ってくれたらいいのにと思っています。









2013.5.19 脇町キリスト教会役員を辞任
 教会へ通い始めて、約26年、宗教法人脇町キリスト教会の責任役員となって約15年が過ぎました。キリスト教に対する信頼感が揺らいだまま、自分の気持ちを偽ってキリスト教徒を続けるのに限界を感じ、本日役員会で役員辞任届けを提出しました。
 キリスト教に対する私の見解をここで表明することは差し控えさせていただきますが、長い夢からさめたような気持ちです。


2013.5.19 『ショーペンハウアー自分を救う幸福論』鈴木憲也訳 かんき出版 より
「人は、自分のことしか興味がない」
「この世で嘘をつく生物は、1種類しかいない。それは人間だ。」
「人と付き合うのは、義理か退屈のいずれかが理由だ」


2013.5.12 なんとかやってます

 私自身のことですが、ここ数年、長いうつ状態が続いていましたが、2月下旬頃から気分が小康状態を保っております。両親の介護の問題などストレスの多い環境自体は変わっていませんが、なんとかやっていけているという感じです。

2013.5.7 介護保険の要介護度の認定について思うこと
 介護保険制度については自分なりに理解できているつもりでおりました。
 ところが、介護の当事者になってみて痛感することがあります。
 要介護の認定は70程度の項目によるマークシートの調査が中心です。介護保険スタートの時期に、そんなものでその人の介護度が本当に判定できるのかという意見を聞いた覚えがあります。
 今そのことを考えてみると、確かに、その人の生活状態を長時間観察している者にしかわからないことがあるのです。それが、通り一辺の調査では反映されません。
 介護度の決定にあたっては、実際に介護をしている家族の意見をもっと重視するべきだと思います。


2013.5.5 何事もほどほどが望ましい
「花は半開を看(み)、酒は微酔に飲む。此の中に大いに佳趣あり。」(『菜根譚』守屋洋翻訳・解説より)

2013.5.5 減らすことを考えて生きる
 「人生、一分(いちぶ)を減省せば、便(すなわ)ち一分を超脱す。」(『菜根譚』守屋洋翻訳・解説より)
 人生、何かを増やしていくことで返って生きづらくなってしまいます。減らしていくと自由になります。特に人生の最期に向かっては否応なく”減らされて”いきますし、そうしていくべきだと思います。


2013.5.5 ごめんで済んだら・・・
 「ごめんで済んだら警察いらないし、気の持ちようで済んだら精神科はいらない。」「とある精神科医」氏のツイートより転載

2013.2.28 ついにユニオンマート閉店


 心配していたとおりユニオンマートはついに閉店となりました。
 私が知るかぎりでは山川町でたぶん一番古かったスーパーマーケットでしたが、一つの時代が終わった感があります。












2013.2.26 ユニオン最後のチラシ














片隅にひっそりと閉店の挨拶が。。。













2013.2.16 新型クラウン(ハイブリッド)試乗体験記
(写真向かって左は私の車、右は新型クラウン)
 前日に徳島トヨタ脇町店の営業のKさんから電話があり「この週末だけ試乗車が来てます。試乗しませんか?」とのことでした。新型発表展示会のときに新型クラウンを見てはいましたが、試乗という強い誘惑に負けて、のこのこと出かけていきました。
 フルモデルチェンジに加えて、今はエコの時代ですので、ハイブリッドがメイン車種になっています。まず、驚いたのは音がしないこと(発進がモーターなので当然ですが)、信号で停止するとアイドリングはストップ、これまた音も振動もなし。ハイブリッドに乗ったのが初めてなので、特にこのことが印象的でした。
 モーターとエンジンのどちらを使うかという調整は電子制御で行っております。これはまるで、走る大きなコンピューターだ!!と思いました。
 その他、乗り心地、操舵感、車内の雰囲気は当然のことながら十分納得のできるものでした。
 私の今乗っているクラウンと並んで写真を撮ってみました。私のクラウンの次の代がゼロクラウンで、なんだか小さくなったような感じがしていましたが、今回のクラウンは逆に大きく見え、押し出し感の強い、重厚な車に仕上がっている感じです。
 最後に、目を引くフロントグリルですが、カタログで見るといかにも怒ったような顔の、下品な感じでしたが、実物を見てみるとそんな悪い感じはしませんでした。


2013.2.10 成見家のルーツは一体どこに???
 愛媛県に成見という地名や姓があるようなので、そこがルーツかもわかりません。。。

2013.2.9 SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)その2

 このホームページは1999年末に作りました。その頃は、SNSはもちろん、ブログというものもありませんでした。(すみません、もしあったとしたら私が知らなかっただけです(^^ゞ)
 こんな簡素なホームページでも当時は結構苦労してつくりました。このホームページはホームページビルダーというソフトを使って自宅のパソコンで作成していますが、このパソコンがもし壊れたらどうしようとか、誤ってデータが消えてしまったらどうしようとかいう心配がいつもあります。
 一方、ブログやSNSは簡単に作成、情報発信ができます。しかも、いつでもどこからでも更新ができます。全く便利なものができたなあと思います。
 しかしながら、どんどん「そうめん流し」のように新しい情報が流れていきますので、自分の発信した情報や気になる他の情報がいつのまにかどこかへ行ってしまい、すぐにわからなくなってしまいます。
 それに比べて、「ホームページ」は「アルバム」や「図書館」、「博物館」のようにいつでもそこに行けば見られる、落ちついた場所だと思います。もちろん、発信力もあります。


2013.1.26 葬式
 1月23日に父の従兄弟が亡くなり、高齢の父に代わって私が、通夜から告別式、棺桶を担ぐこと、火葬場へ同行、骨を拾う、帰ってきてお六日(初七日)の法要と、ひとおり全部出席しました。高齢の両親を抱える私にとっては、人ごとではなく、近い将来避けて通れないことだけに大変勉強になりました。
 また、このとき私はうつ状態で、仕事を休みたいと思っていたところでしたので、ちょうど休む大義名分ができましたし、なにより葬式はうつ状態の私にとってはなんとも落ち着く場所でした。これが結婚式などでしたら、よけいにうつ状態が悪化するところでした。。。


2013.1.20 心の電池切れ

 ヴァイオリンを弾いたり、ゴミ拾いをしたりとのんきそうに見える私ですが、よく心の電池切れ状態(うつ)に陥ります。今もそうですが。。。
 生きている上でのすべてのことがとても重荷に感じます。そして、大きな不安に押しつぶされそうになります。でも、今のところ、最悪の状態ではないため、どうにかやっています。
。。

2013.1.13 三菱uniジェットストリーム
先週、ラジオでで紹介されていたボールペン、「三菱uniジェットストリーム」買ってみました。実に快適です。油性ながら水性ペンのようななめらかな書き心地です。写真は、0.7mm黒、赤、シャープペンのタイプです。
お勧めです。










2013.1.3 介護保険の効用

 高齢の両親が介護保険サービスを利用し始めてもうすぐ1年になります。
 週末とか祝日、特にこの年末年始の休みなどヘルパーさんやデイサービスがお休みの時は私が家事援助などの介護を行っていますが、認知症が始まっている両親に対して、私はとても、笑顔で接することができません。
 その点、ヘルパーさんや介護の専門の方は、いくら商売とは言え、笑顔でやさしく接してくれています。このことは、両親にとってとても大きな効用だと思います。


2013.1.3 がんばれユニオンマート

 私が知る限りでは、山川町に40年以上前からあるスーパーマーケットがあります。今でこそその周辺は商業地となっていますが、当時はそのスーパー以外何もなかったと思います。15年~20年くらい前からでしょうか、マルナカ、キョーエイが相次いで進出しました。現在、両店ともお客さんは多いです。一方、ユニオンマートはガランとしています。近年商品の品揃えもだんだんと少なくなってきています。私はできるだけユニオンマートで買い物をするようにしています。ぜひがんばってもらいたいと思います。





2013.1.1 新年にあたって
 また、これから1年が始まるのかと思うと気が重くなります。単に、12月31日の次の日ということで、特に何の感慨もありません。一日一日やり過ごして行きたいと思います。
 今年の目標は、「適当にやる」です。(いい加減にすると意味で無く、完璧を求めないということです。)


2012.12.31 私が年賀状を廃止したわけ
 15年ほど前、同じ職場にいた一人の同僚が、「わし、年賀状って来た人にしか出さん。ほしたら、年々来る数が減ってきたわ。」と言っているのを聞いて、この人変わった人だなあと思っていました。
 私はと言えば、毎年年賀状に版画を彫るという力の入れようで、結構というかかなり手間をかけていました。そして、何年前のことか忘れましたが、版画の干支(えと)も一巡したところで、年賀状を出すこと自体が面倒くさくなり、一切止めてしまいました。年末は楽になりましたが、さすがに、こちらが出さないものですから、だんだんと届く年賀状が減ってきて、今や商売人からの年賀状が数枚という状態になっています。。。(^_^;)
 元日の朝に年賀状が届かないのは寂しい気持ちもありますが、年末の手間を省くことの方を選択しています。


2012.12.31 愛車『伝統的クラウン最後の末裔』



平成15年式
ロイヤルサルーン
2500㏄
走行距離 197,500km

平成15年12月に『ゼロクラウン』が発売される直前の伝統的クラウンを継承した最後のモデルです。

歴代クラウン11代目です。




2012.12.30 あっと驚くトヨタクラウンのフルモデルチェンジ
 伝統的なクラウン愛好家の私としては、新型クラウンは下品なフロントグリル、しかもピンクのクラウンも登場とか。かつて庶民の憧れであった「いつかはクラウン」も苦戦しているのでしょうか。凶と出るか吉と出るか、大きなかけに出たようです。

2012.12.29 今年を振り返って
 今年は、老齢の両親は介護が必要になるし、自分自身の体調もすぐれず、苦しい1年でした。
 年が新しくなっても何も状況はは変わらないと思いますが、その日その日を何とかやり過ごしていきたいと思っています。


2012.2.19 親の介護
 両親の認知症が急激に進み、平日は朝・昼・夕にヘルパーさんに入ってもらっていますが、土・日は私がみています
 介護の問題については、頭では知っておりましたが、いざ当事者になってみると非常にきびしい現実だと感じております。

2012.1.2 高越山


年末から元旦にかけて、結構天気がよかったので、年末年始の休暇を利用して、畑仕事などの用事がずいぶん片付いたのですが、今日は寒くてほとんど何もできませんでした。












2011.12.10 大震災の時キリストはどこにいて何をしていたのか?

 私はキリスト教会に20年くらい通っていますが、「3.11東日本大震災」以来、キリスト教の存在意義に大きな疑問を抱いております。そんな折り、ふと次のネットニュースを発見しました。

 日本に住むある少女が、キリスト教の”総本山”ローマ法王に、
「どうして、日本の子どもは怖くて悲しい思いをしなければならないの?」と尋ねたそうです。
 ローマ法王はこう答えました。
「私も自問しており、答えはないかもしれない。(十字架にかけられた)キリストも無実の苦しみを味わっており、神は常にあなたのそばにいる。」
 また、こうも述べたそうです。
「悲しさは消えない。しかし、世界中の人たちがあなたたちのことを思っており、私は苦しむすべての日本の子どもたちのために祈る。」

 私には、常識的に考えてこんな”とんちんかんな”答えではとうてい納得ができません。
 大震災で多くの人が苦しみ亡くなったとき、神は、キリストは、一体どこにいて何をしていたのですか!?

参照 2011年4月23日 asahi.comより

 以上は、ひとつの事例ですが、
私がそもそもキリスト教に疑問を持った主な理由は次のとおりです。

 教会では、「聖書は誤りのない”神の言葉”である」と教えられます。これが、その後の信仰の土台となっています。
 ところが、いろいろ本を読んでみますと、聖書はキリストの死後ある程度の年数が経ったあとで、伝承により書かれたものを、多くの人々によって書き写されてきたものだとされています。その間、故意による書き換えや、あるいは単純な書き写しのミスなどもあって現在の聖書ができあがってるとされています。(教会ではその過程も含めて「神の霊感によって」書かれたと教えられますが。)
 キリスト教の前提である「聖書が神の言葉である」と信じられないとき、その上に築かれた信仰はすべて意味をなさないものとなってしまいます。


2011.11.6 防災訓練に参加

 地元「高越地区自主防災会」の防災訓練に参加しました。
消火訓練、非常食の炊き出しなどいろいろやりましたが、興味深かったのが「仮設トイレ」の設置でした。


設置中








完成












2011.9.10 「時は命なり」

 通勤途中の車の中でラジオから、「時は金なり」でなく「時は命なり」です、という言葉が聞こえてきました。全くそのとおりだと思います。私たちは、今この瞬間も限られた命を消費しています。まさに「時は命なり」です。

2011.8.29 詐欺ソフト
 facebookに『Uniblue Registry Booster』という自動的にレジストリのエラーを修復するというソフトの公告がよく出ています。私のPCが度々フリーズするようになってから、なんとか修復する方法はないかと考えていたとき、この公告の【今すぐインストール】というボタンを思わずクリックしてしまいそうになったのですが、何となくおかしいので、検索してみると、”詐欺ソフト”のようです。「今すぐクリック」というボタンがあるのに、有料か無料かわかりません。また、Microsoft自身のソフトと見間違うような記載もあります。
 検索の結果、インストールして余計にPCの調子が悪くなったとか、毎年料金が引き落とされるとかいう記事がありました。
 皆さん、くれぐれもあやしいソフトには気をつけましょう。


2011.8.13 「苦難」について
 「三浦綾子記念文学館館報第27号」の中で、東日本大震災に関連して、三浦綾子さんの小説の中から「苦難」を取り扱ったものを引用して、幾人かがショートメッセージを書いているのを読みました。
 多くの意見は苦難に「なぜ」と原因を問うのではなく、”人知を超えた神の深い意思が隠されている”とされる「試練」として受け止め、希望を持って立ち上がろうというものです。
 確かに私たち人間は自然から恵みも受けるかわりに災害も受けます。このことは受け入れなければならない事実だと思います。しかし、私には苦難に”神の深い意思が隠されている”とはどうしても思えません。


2011.7.27 キリスト教について最近思うこと
 宗教は目で見えないもの、手でさわれないものを扱うため、客観的に証明できるものではありません。ですから、結局、『信じる』か『信じない』かを自分の心の中で選択することだと思います
 そして、信じることも信じないことも全く個人の自由です。よって、宗教は自分自身の問題ですから、他人からとやかく言われる筋合いではないし、また、他人のことをどうこう言うべきでもないと思います。
 また、違う立場の人が宗教について議論することは、お互いの前提(神は存在する・しないまたは信じる・信じない)が違っていれば、議論はかみ合うはずはなく、あまり意味がないことだと思います。


2011.7.18 キリスト教についての疑問

 キリスト教会に通い続けて20数年、聖書は誤りの無い「神の言葉」であると教えられ、「信じる者は救われる」ということで、よくわからないことは丸呑みして(無理矢理信じて)今までやってきました。
 しかし、キリスト教についていろいろ見聞きするにつけ、新約聖書はイエスを直接知らない後の時代の人々が聞き伝えで書いた”伝承物語”であるということを知りました。また、聖書原本は不明のため幾度となく写本が繰り返され、その過程において写し間違いや執筆者による故意の書き替えが行われているようです。この「聖書」がはたして「神の言葉」なのでしょうか?もちろん、その過程すべてにおいて「神の霊感」が働いているといわれるかもしれません。でも、そんなことは誰も証明できません。ただ、信じるか信じないかの選択しかありません。
 また、キリスト教の中心的な教義は「人はみな罪人であり、神が罪人のかわりにイエスを十字架刑で罰したことで、人は救われる」ということなのですが、あらためて考えてみると、どう考えても誰かが身代わりに罰せられることで、その人の罪が赦されることなどないと思います。

 ところで、”全知全能”の神は「東日本大震災」のとき、どこで何をしていたのでしょうか?全知全能の神であり、愛の神であるなら震災を止めることはできたはずです。わざと知らん顔していたのでしょうか?それとも、自然災害に対しては神は関知しないのでしょうか???

2011.6.26 パソコン修理
 6月17日(金)にインターネットがつながらなくなり、PCショップへ駆け込みました。ADSLモデムが壊れていたので交換しました。(性格にいうと、NTTから借りていたモデムを返却し、自前でモデムを購入した。)
 PCショップでみてもらったところ、Cドライブが”まけまけ”(徳島の方言で「満杯」の意味)状態で、しかも購入後4年弱たっていたので、ついでにハードディスクも交換することにしました。ところが、HDの交換はPCを預けて帰らなければならないとのことなので、とりあえず、週末のHP更新のために一旦PCは持ち帰り、6月20日(月)に再度PCショップに開店と同時に持ち込みました。運良くその日のうちに作業が完了し、PCを持ち帰ることができました。前のPCもHDが3年くらいで壊れたので、今回壊れる前に交換してよかったと思います。
 ところで、私のHPは毎週更新しておりますが、もし、しばらく更新が滞ったときは、PCがダウンしているか、あるいは私自身がダウンしているかどちらかだと思ってください(^_^;)


2011.6.3 Galaxy Tabのカバーを買いました

先日購入しましたタブレット端末(Galaxy Tab)の手帳型カバーを購入しました。
本体単体で持ち歩くのは勝手が悪いし、安全性の面でも心配がありましたが、カバーをつけると、安心感がありますし、見た感じもとてもよくなりました。

なお、タッチペンが付いていましたが、ペンで画面をタッチしても指に比べてとても反応がにぶいです。指で操作する方が快適ですので、タッチペンは使用していません。



2011.6.3

カバーを閉じたところ。











2011.5.22 タブレット端末買いました

どこでもインターネットができるタブレット端末を購入しました。
ちなみに、写真の画面は私のホームページです。

Galaxy Tab (サムスン製)
画面7インチ
購入店 NTTドコモ山川店







2011.4.17 神も仏もないものか
 キリスト教の神は、この世界、地球、宇宙を創造した全知全能の神だと言われます。
 また、神は愛であるとも言われます。
 今回の東日本大震災のとき、全知全能で愛の神は何をしていたのでしょうか?
 震災を止めることはできなかったのでしょうか?
 それとも、自然災害に神は関与しないのでしょうか?


2011.4.3 どじょうが出てきてこんにちわ

 本日町内会の用水路の清掃作業がありました。畑の間にある30㎝程度の狭いコンクリートの用水路の草を抜いたり、ゴミをかき出したりしました。昔子どもの頃、そこには大きなどじょうがたくさんいてよく捕って遊んだものです。
 今は絶滅したと思っていたのですが、なんと5~6㎝の小さなどじょうがまだ生息していました。数十年ぶりに『生』どじょうを見ることができて驚きとともに懐かしさを感じ、うれしく思いました。


2011.4.3 (続)花粉症
 私は花粉症歴は長いのですが、今年は非常にに軽症で済んでいるということを先に書きました。
 そして、これは年齢のせいであろうと自分では分析しておりました。
 ところが、インターネットのサイトにヤクルトが花粉症に効くという記事を何箇所か発見しました。実は、私も昨年の秋頃からヤクルトレディにすすめられて毎日ヤクルトを飲んでいるのです。ヤクルトが花粉症に効くのか、はたして真偽のほどは・・・?


2011.3.13 東北地方の大震災

 今回の災害の恐怖と非情さに対しては言葉もありません、。人は自然の驚異の前には全く小さな存在にすぎないということを思わされます。
 避難所でおられる方々の生活の確保と復興が一刻も早くなされるよう願うばかりです。


2011.2.26 花粉症
 花粉症の季節がやってきました。
 自慢ではないのですが、私は花粉症歴は結構長いです(^_^;)。記憶がさだかではないのですが、中高生の頃からだったと思います。(当時は「花粉症」ということばもありませんでした。。。)
 今、振り返ってみると一番症状がひどかったのは20代後半の頃だったと思います。無意識のうちに鼻水はぽたぽた落ちるし、くしゃみが出ると鼻水が出て、鼻をかむとくしゃみが出るといったことを一日中繰り返していました。また、両方の鼻が詰まって息が出来ないこともありました。
 その後、年をとるとともにいつの間にかだんだんと症状がやわらいできて、今年などは、花粉が多いといわれていますが、ほとんど症状が出ていません。少し鼻に違和感を感じ、目が少しかゆくなり「あ、いつもの季節来たなあ」と感じるくらいで、薬にもたよらずほとんど生活に支障はありません。
 考えてみますに、アレルギーは体の免疫反応ですから、年をとるほど、体が鈍くなり反応しなくなってきたのではないかと自分では分析しております。。。"o(-_-;*) ウゥム…


2011.1.30 高越山

寒い朝でした。高越山は雪を頂いておりました。











2010.3.18 オタマトーンデビュー


あさひ学園のお誕生会でオタマトーンを披露しました。
演奏はまあまあの出来でしたが、広い会場だったので少し音量不足でした。

演奏曲
チューリップ きらきら星







2010.3.18 ケロミンデビュー

同じくケロミンもデビューしました。こどもたちは興味をもってくれましたが、演奏のほうはいまひとつの出来でした。。。(^^;)

演奏曲
チューリップ カエルの合唱








2010.1.9 オタマトーン購入しました

 電子楽器オタマトーンを購入しました。ケロミンより手軽です。音をところどころはずしてしまうところがまたおもしろいです。

オタマトーン紹介のホームページはこちら









2010.1.1 献血に協力しましょう

 かつて1982年(昭和57年)から5年間、当時の穴吹保健所で献血推進の仕事に携わりました。献血の仕事を離れてからもボランティアとして献血キャンペーンのビラ配りなどを9年間続けました。その間自分自身も約80回の献血をしました。その後、体調を崩し、献血ボランティアもやめ、献血もしていません。
 近年では、当時と比べて献血者が減っているようです。超高齢社会となり、若い人が減っている現状では、必要な血液の確保が心配です。健康な方は是非、献血にご協力をお願いします。
 献血についてのお知らせは徳島県赤十字血液センターのホームページをご覧ください。


09.9.26 白い彼岸花


めずらしい白い彼岸花を見つけました。











09.9.6 コンクリート3面張り

 家の近くの谷川がコンクリートの3面張りになってだいぶん経ちます。
 昔、私がこどもの頃は、岸は石垣で底は土砂だったので格好の遊び場でした。
 サワガニやヤゴなどの生き物もいました。

 防災面での工事でしょうが、これでは生き物も全く住めなくなりました。
 寂しい限りです。。。





09.4.19 資格が仕事をするわけではない

 あるカウンセラーから「資格が仕事をするわけではない」という言葉を聞いたことがあります。
 確かに、社会福祉士の国家資格を取得し、この4月から生活保護の業務を担当することとなりましたが、資格では仕事はできないということを日々実感しています。


09.3.22 続・スピリチュアルケアについて
 
『覚えているよ!生まれる前のこと』(池川クリニック院長池川明著)という本に誕生前の記憶を語るこどもの言葉がたくさんとりあげられています。

 「「お母さん大好き」っていうために生まれてきたんだよ。」「世界中さがしてママが一番よかったの。自分で選んだ。」等々とやっとしゃべれるようになったこどもが語る言葉に、お母さん方は大きな愛を感じることでしょう。

 でも、「胎内記憶」・「誕生記憶」、以外に、「前世記憶」、「中間世記憶(前世の終了から受精時までの間)」もあるとすると、魂は輪廻転生していて、しかも死んだ肉体から天に帰った時点で魂は、また(魂の)こどもに返ってしまうのでしょうか?それとも魂というのはすべてこどもなのでしょうか???

09.3.8 スピリチュアルケアについて

 先日、スピリチュアルケアについての講演を聞きました。
 人に対するケアとして、身体的、精神的ケアがあることは理解していましたが、スピリチュアルケアということはよく知りませんでした。なんとなく精神的なケアの一つではないかと思っておりました。

 スピリチュアルケアというのは、肉親の死(特に自分の子)、あるいは自分自身の死に直面したときにその苦しみに対してどうケアするかということです。これらのことは普段の日常生活の上では特に意識することはありません。
 ところが、人はこの問題を避けて通ことはできません。いざ、この「死」という問題に直面したとき、私たちはその悲しみ、苦しみ、不安、絶望等にどう対応すればいいのでしょうか。

 講師の(元)福島大学教授飯田史彦氏は、前置きとして「自分の考えは科学的な根拠に基づく」と言っておられましたが、私には「宗教」と見分けがつかないように思いました。

 また、死の問題については、その人の死生観、宗教観を抜きにしては語れないと思います。
 特定の宗教によらずにスピリチュアルケアを行うことがはたしてできるのでしょうか。。。?

飯田史彦氏のホームページはこちら


08.10.13 ケロミンを購入しました
 単なるカエルのぬいぐるみとあなどってはいけません。ハイテク技術を駆使した電子楽器なのです。今は「カエルの合唱」しか演奏できませんが、もっと練習してレパートリーを増やしたいです。

ケロミンホームページはこちら







08.9.28 難聴

 6月に急に右耳の聴力が低下して以来、現在まで何度も発症、軽快を繰り返しています。(耳鼻科に受診中)
突発性難聴、メニエール病の疑いもありますが、私の診断(?)ではストレスが身体症状となって出てきているのではないかと思っています。


08.9.6 講師デビュー
 
徳島県社会福祉士会主催の国家試験受験対策講座(公的扶助論)の講師を初めて引き受けて1時間30分しゃべって参りました。聞く側にとってはとても長い時間であったことと思いますが、しゃべる側としてはあっという間で、言いたかったことの半分も言うことができませんでした(-_-;)
 話す内容、時間配分等、反省点が多くありましたが、受講生の受験勉強の足しに少しでもなってくれればありがたいと思います。

07.12.31 パソコンの更新

10月の終わりにパソコン(XP)が起動しなくなり、修理に出しました。
当初、ハードディスクを交換すれば直るはずでしたが、ほかにも致命的な故障があることが判明し、買い換えることになりました。

XPをまだまだ使うつもりでいたので、ビスタにはあまり興味がなかったのですが、どうせ買うなら新しいほうがよいと思いビスタを購入しました。(XPも一部まだ販売されていました。)

今回PCを更新して気がついたことは、
①”パソコンは壊れる物である”ということをあらためて認識しました。昔から、パソコンは壊れる物ではないと思っていましたが、そうではなく自動車と同じで年数がたてばガタがくるそうです。
②ビスタになって一部のソフトやプリンターが使えなくなりました。結果的には便利になることなのですが、思わぬ不便や出費を強いられました。
③データのバックアップ取っておくことは大切です。今回は古いハードディスクからほとんどのデータを救出できましたが、消えてしまった部分もあります。バックアップは重要です。
④PCの更新がわりとスムーズにいったので、ホームページの更新に支障がでなかったことは幸いでした。

2013.3.10 旧瀬詰村の水害の歴史と川田川の改修について
山川町山水会連合会『広報生きがい』平成21年3月20日より


「子孫に伝える古老の話(十八)」
洪水の受難が続いた瀬詰村 瀬詰 森本武敏さん執筆

 瀬詰村(旧山川町大字瀬詰)は、吉野川と川田川の合流地点にできた集落である。明治44年頃までは、たびたび洪水にみまわれて、農作物の被害だけでなく、住宅と家畜の流出や人命まで失われていた。
 当時の瀬詰村は、湯立てから蛍橋までと、吉野川に沿った南側は、総て竹藪続きでした。そこに石垣を積んで直接水の流れ込むのを防ぐと共に、住宅を自然にできた高所の土地を利用して集落を作り、各集落の間は洪水時の流水路で、出水時には大川になっていた。
 各集落の名称は、それぞれの地形や、状態を現し、西から湯立、一里松、西喜来、土手元、喜来、岸ノ上、浜、道元、小塚、南ノ原、北村、舟戸で、12の集落からなっている。それを図面で見ると次のようであったと思われる。
 今日では、洪水を経験した人たちはいない。昔から語り継がれてきた話では、土佐水による増水が起こると、水量が多くたいへんであったようだ。なかでも明治40年の洪水では、瀬詰八幡神社の床上まで浸水し、被害も甚大で、畑の土が流されて、河原状態になった畑や、住宅が浮上しそのまま吉野川に流されて、その屋根の上には人が跨がり助ける術もなかったようでった。
 また、土佐水による洪水が発生すると、上流で伐採し貯木されていた木材が水と共に流れ、家屋や農作物に多大な損害を与えていた。住民は木材がながれて来ると、竹竿等で流れに押し出して被害を防ぐことが精一杯であった。
 昔から、瀬詰村では洪水時の備えとして、5月頃が来ると、オチラシ(麦をいって石臼で粉にしたもの)や、飲料水を井戸から汲み上げて、ニナイ(水とか食料等を入れる木桶)で確保していた。また洪水が発生すると、家畜は高台に繋ぎ、家具等は床の上に縁台を置きその上に積み上げて水害から家財を守ってきた。
 洪水が収まると、農作物の手入れや家屋の修理、清掃等後始末が大変であった。また、流失し河原となった畑の復旧には、スガケ(女竹等で編んだ簀の子)を行い、石を除き元の畑に戻した。洪水が起こるたびに住民は、その対策と後始末に多大な労力を費やすために、隣組の団結が重要で固い絆で結ばれていた。
 瀬詰村には、秋祭りや旧盆の回り踊りの外に、昔から旧正月には競馬が、明治37年頃まで行われていたと言われており、苦しい生活のなかに、僅かな楽しみを求めていた。競馬は近郷は言うに及ばず四国中から約50頭が集まり、今の春日神社から直線で東へ約500米の距離、2頭の馬で俊足を競ったようで、馬場の両側は見物席で、大変な賑わいであった。今でもその名残として、東の方に四畝地と言う畑(作物の作付が四畝しかできない)が残されており、付近の農家が個人の見物席として、所有していたようである。
 明治40年の洪水には、内務大臣吉川正伯が故郷の惨状を視察。その年、国営による吉野川護岸工事が起工されて岩津から河口まで約40kmが20年の歳月をかけて大正15年に完成された。また、川田川は現在の山川中学校西瀬詰橋あたりから東に流れ、山川中学校プール付近で南に流れ、螢川から吉野川に合流していた。当時、瀬詰橋付近は砂地で高須になっていた。これに流れが遮られて、東南へ流れていた川田川を、この高須を取り除いて、大正14年に春日神社の西を、吉野川に直流させると共に、瀬詰橋も完成された。
 川田川が吉野川へ直流し、堤防も完成したことにより、瀬詰め村の人々は漸く洪水から逃れる事ができて、安心して暮らせるようになった。

07.5.12 川田川と蛍川
 徳島県吉野川市山川町を流れる川田川は昔、蛍川につながってました。
 改訂山川町史(昭和62年8月20日発行)に次のとおり記載があります。

川田川の改修
 ・・・北島から右曲して湯立、蛍橋へと通じていた流路を、大正14年8月北流して瀬詰の字春日で吉野川に直流するよう変更した。・・・

川田川の災害
 昔、川田川はどう流れていたか。今の鉄道の南を東に流れていたものが、しだいに北を流れるようになり、湯立の北を東へ流れ、蛍川となって吉野川に注いでいた。文政11年(1828)、今のように吉野川に直流させようとした。この時川田側に長大な堤防を築いたので、湯立はますます危険にさらされることとなり、そのために住民は反対運動を起こした。・・・

 下の地図は大正9年4月30日国土地理院発行の2万5千分の1の地図のコピーです。
これを見ると、旧川田川は今の山川中学校の南側を右(南)にUターンして蛍川に注いでいたようです。



下の地図は、国土地理院のホームページで閲覧できる2万5千分の1の地図(平成14年発行)のコピーです。


吉野川空中写真
国土交通省四国地方整備局徳島河川国道事務所ホームページ吉野川資料館より



吉野川全図(河口から祖江谷川)作成年月不明
国土交通省四国地方整備局徳島河川国道事務所ホームページ吉野川資料館より

旧川田川
国道192号「新瀬詰橋」から北に向かって
中央奥に山川中学校が見える



旧川田川と蛍川の合流地点
新瀬詰橋から南に向かって



07.3.30 第19回社会福祉士国家試験に合格しました!

受験体験記(2007年1月28日試験会場:香川大学)

 午前の科目は社会福祉概論など、苦手な科目が多くて苦戦しました。
 午後は事例問題が多く、実務経験が役に立ちなんとか挽回できた感じでした。

 感触としては、何とかぎりぎりでいけそうな感じでしたが、合格発表まで不安な日々を過ごしました。

 13科目150問のうち総合得点で合格基準点(今回は81点でした)をクリアしていても、どれかの科目が0点だと不合格になります。受験後の自己採点で、苦手な科目がほとんど全滅に近かったので、ヒヤヒヤでした。

 もし、不合格になっても再受験すること自体はどうもないのですが、「受験勉強はもうしたくない」という思いが強かったです。年のせいか頭がさび付いて、テキストを何回読んでも覚えられないのでものすごくストレスを感じました。

ページの先頭に戻る