山行記、磐梯 山日記Little Trekker

 2010年8月22日 磐梯山 (会津)

八方台(7:20)⇒中の湯(7:40)⇒展望点(8:20/40)⇒弘法清水(9:05/15)⇒磐梯山頂(9:45/10:15)⇒弘法清水(10:35)⇒中の湯(11:15/25)⇒八方台(11:45)

 カタクリ会山行で会津磐梯山に登った。前日は裏磐梯の休暇村で、恒例の夏季キャンプ実施。北海道のキャンプ場を思わせる広いキャンプサイトは気持ちよく、盆休みが終わった時期だからなのだろう、結構空いていた。3時前に始まった宴会が終ったのは夜の9時半ごろ、これでも以前に比べれば随分短くなった。
 当日は朝4時半頃に起床、テントの撤収作業の後、ラーメンの朝食を取る。途中のコンビニで買物をして、登山口となっている八方台には7時ごろ到着した。

bj101074.JPG八方台登山口bj101075.JPG樹林帯を登り始めるbj101076.JPG中の湯跡bj101077.JPG展望台より檜原湖bj101078.JPG弘法清水への登り

 八方台の登山口には広い駐車場があり、小奇麗なトイレも設置されている。装備を固めて7時20分頃歩き始めた。登山口から歩いて20分ぐらいの中の湯までは、幅広い登山道が続く。今は廃業している中の湯が営業していた頃は、バギー車が通っていたのかもしれない。
 硫黄の匂いがする中の湯を通過したあたりから、登山道らしくなってくる。木道を通過して裏磐梯からの登山道と合流してからは、傾斜もきつくなるが、道は歩き易い。所々で展望が開けた場所があり、小休止には丁度よい所が何箇所かあった。登山道の傾斜が緩くなり、木々の高さが低くなったころ、弘法清水の小屋に到着する。小さな登山小屋があり、広場の片隅で清水が湧いていた。冷たくて旨い水だ。弘法清水から山頂までは、標高差200mの一気の登りだ。傾斜はきついものの、道は良く整備されていた。この辺りから、沢山の登山者とすれ違う様になる。さすがは磐梯山、宝の山だ。山頂までもう少しという辺りから、ガスがかかり始めた。
 登り始めて約3時間、漸く山頂に到着した。悪い天気ではないのだが、展望が無いのが残念だ。夏休み中の休日という事もあってか、山頂では沢山の登山者が思い思いに休憩を取っていた。山頂下の広場には小屋の出店が出ていて、飲料水やビールまで販売している賑やかな頂きだ。今回は参加者9名と少ない山行ではあったが、参加した全員が、磐梯山の山頂を踏む事が出来た事が良かった。

bj101079.JPG清水手前の分岐点bj101080.JPG山頂への登りbj101081.JPG磐梯山の山頂bj101082.JPG山頂にてbj101083.JPG展望は得られなかった。