山行記、榛名山/相馬山 山日記Little Trekker

HOME > 山行記、榛名山/相馬山

 2010年9月11日 榛名山・相馬山

沼ノ原登山口(10:15)⇒鳥居分岐(10:40/50)⇒相馬山(11:15/12:30)⇒鳥居分岐(12:45)⇒沼ノ原登山口(13:10)

 カタクリ会山行で榛名山の相馬山に登った。都内近郊各地を出発した4台の車が集合したのは関越道の駒寄パーキング。9時が集合時間であったったが、4台ともに順調に走れた御蔭で時間前に集合、8時55分にはパーキングを出発する事が出来た。渋川伊香保インターで高速を下り、登山口となっている榛名湖を目指す。夏の天気では珍しく霞が少ない日で、赤城山、上州武尊山など北関東の山がクッキリと見える。今日の出発地である沼ノ原には10時少し前に到着する事が出来た。
 榛名山には沢山のピークがあって、その最高峰は榛名湖の西側にある外輪山のひとつである掃門ヶ岳だ。ただ一般的に榛名山と言うと、榛名山塊の中心に立つ榛名富士をさす事が多い。また麓の伊香保温泉側からから見上げた時、真っ先に目に入るのはピラミダルな相馬岳である。どれが「榛名山」かという事はさておき、手頃で登り易いピークが寄り集まっているのが榛名山であり、今日は夏山気分で相馬山に登る。登山口となっている沼ノ原には、舗装された駐車場と奇麗な洗面所があり、ここで身支度を整えて歩き始める事にした。

bj101119.jpg沼ノ原登山口駐車場bj101120.jpgゆうすげの道を歩き始めるbj101121.jpg右手に相馬山が見えるbj101122.jpg笹の中を歩くbj101123.jpg磨墨峠からの階段

 登山口から暫くは「ゆうすげの道」という木道を歩く。辺りはススキ原で、ススキの穂が秋色に染まり始めていた。下界は未だまだ真夏の様な日差しの日が続いているが、山の上では確実に秋が近付いてきているのだろう。薄紫色のマツムシ草も沢山咲いていて、この写真を取りに来ている人も多かった。
 木道は次第に方向を変え、これから登る相馬山が視界に入って来た。この山も先週登った黄金山と同様に鋭角的な山容で、山頂部は結構鋭くとがった感じの山だ。東屋の立つ磨墨峠を越え、緩やかな階段を登り切ると真赤な鳥居に到着する。ここで全員集合、一休みだ。
 鳥居の先からは、直ぐ苔生した石段が始まる。信仰登山が盛んだった山なのだろう、登山道の脇には石の祠や鉄剣を突き立てた石塚が現れた。程なく鉄のハシゴが現れる。少々頼り無い太さのハシゴが20m程掛けられていたが、一般の人が修験を疑似体験出来る様な登拝路として、古い時代に架けられたものなのだろう。ハシゴを過ぎると、幾分傾斜が緩くなった。石の塊を跨ぎながら登っていくと、御宮の立つ山頂部に到着した。今日の献立は、具沢山のサラダ、燻製、カイワレとローストビーフ、サーモンと玉葱、そしてエノキと油揚の味噌汁。車の運転でビールが飲めないのが残念だ。昼前からは霞がかかり初め、展望が利かなかったのが残念であるが、手近に夏山気分を味わう事が出来た榛名山の相馬山であった。

bj101124.jpg分岐点点付近の鳥居bj101125.jpg苔生した石段を登るbj101126.jpg小さなハシゴを登るbj101127.jpg相馬岳の山頂にてbj101128.jpg相馬岳の山頂