山行記、前穂高岳 山日記Little Trekker

 2010年9月18日 前穂高岳

上高地バスターミナル(5:55)⇒河童橋(6:00/10)⇒岳沢登山口(6:20)⇒岳沢ヒュッテ(8:00/15)⇒2505m点(9:00/10)⇒岳沢パノラマ(9:30/40)⇒雷鳥広場(10:05/15)⇒紀美子平(10:30/35)⇒前穂高岳(11:05/12:00)⇒紀美子平(12:20)⇒雷鳥広場(12:35)⇒岳沢パノラマ(12:55/13:00)⇒岳沢ヒュッテ(14:00/15)⇒岳沢登山口(15:30)⇒上高地バスターミナル(15:40)

 9月の連休の天気予報を見ていると、長野方面の天気が良さそうだ。これまで天気との相性が良くなかった穂高岳周辺の山を歩く事にして、深夜の東京を出発した。中央道は順調で、沢渡大橋の駐車場に4時40分到着。真っ暗の中、ライトを頼りに装備を固める。上高地へ入る為の釜トンネルの通行は5時からという事で、乗合タクシーを利用しようと思っていたら、駐車場の下でバスが停まっていた。松電のバスが5時から走っているとは知らなかった。タクシーだと片道4000円かかるが、バスだと往復で2000円で済む。往復切符を購入してバスに乗り込むと5時丁度、良いタイミングでバスを捉まえる事が出来た。バスは沢渡地区の駐車場を幾つか停車するが、最後の駐車場を出た時には満席になっていた。

bj101129.JPG上高地バスターミナルbj101130.JPG自然探勝路の木道bj101131.JPG岳沢登山口bj101132.JPG暗い樹林帯の中を歩くbj101133.JPG雲間から奥穂高方面の頂

 上高地バスターミナルへは5時40分に到着、河童橋の傍まで移動して、朝食の御稲荷さんを頂く。橋を渡ってから暫くは上高地の自然探勝路を歩き、岳沢の登山口には橋から10分程で到着した。連休初日だけあって登山者も多く、何組ものパーティーが相次いで出発する所だった。登山口脇の沢でタオルを絞り、長い行程に気を引き締めて歩き始めた。登山道は最初のうちは深い樹林帯の中を進んでゆくが、「天然クーラー」を過ぎたあたりからは、岳沢の河原に沿って登る様になる。登山者の中には、前穂高から吊尾根を辿り奥穂高を目指す人や、ヘルメットとロープを持参している登攀の人もいて、そういった人達は皆結構足が速い。何組もの登山パーティーに追い抜かたが、さすがは穂高岳、登山者自体の力量が高い。ふと前を見上げると、ガスの中から奥穂高岳が現れた。高度感いっぱいの頂だ。

bj101134.JPG岳沢ヒュッテbj101135.JPG岳沢ヒュッテを出発bj101136.JPG急登が始まったbj101137.JPGハシゴを登るbj101138.JPG岩石列上を登る

 登山口から歩き初めて約2時間で岳沢ヒュッテに到着した。ヒュッテは建て替えられたばかりの真新しい建物で、トイレを借りたが、とても奇麗にしていたのが印象的だ。ヒュッテからの登りは、重太郎新道という名前の付いた急な登山道だ。何しろ水平での直線距離1300mの間に、900m近く登るのだから大変だ。岳沢の幕営地を過ぎると、暫く低木帯の中をスイッチバックした登山道は、瞬く間に斜度を増し始めた。所々でハシゴも出てくる。鎖場もあったが、足場はしっかりとしていて、登りでは殆ど鎖に掴まらずに登れた。ヒュッテから約45分で、眺めの良い2505m点に到着。急登が始まって初めての平らな場所で、沢山の登山者が一息入れていた。ここで10分休憩、水が旨い。
 2505m地点付近からは低木帯の中を登る事になる。この日はガスが出ていて展望が今ひとつではあったが、御蔭で強い日差の中を歩かずに済んだと想えば、それもまた良し。急な登を喘ぎながら登っていたが、急で長い今日の行程、小まめに休みながらバテない様に登る。2505m地点からは、岳沢パノラマ、雷鳥広場、紀美子平と、15~20分間隔で小休止に丁度よい場所が現れるのが有難い。

bj101139.JPG岳沢パノラマ付近の登りbj101140.JPG岳沢パノラマを出発bj101141.JPG雷鳥広場への登りbj101142.JPG紀美子平への登りbj101143.JPG紀美子平直下の鎖場

 雷鳥広場から紀美子平までの登りは、スラブ状の斜面を登る鎖場等があり、雨の日などは滑りやすそうであったが、この日は岩肌が乾いていて歩き難いという事は無い。ヒュッテから2時間15分、紀美子平に到着する。沢山の登山者が休んでいた。これから吊尾根を通って奥穂高岳を目指す人が多そうだ。
 紀美子平から山頂までは、再び岩稜帯を白丸印を辿りながら登る事になる。此処までガイドブックの標準タイムより早く登って来たが、紀美子平から山頂まではガイドブック通り30分かかった。恐らく縦走の途中で、軽装になって山頂を往復する事を想定している様だ。登山口から約5時間、漸くにして前穂高岳の山頂に到着する。山頂付近は広々としていて、風もなく穏やかだ。ガスが濃くなり展望が無かったのが残念ではあったが、本年初の3000m峰に充実感いっぱいの前穂高岳の頂であった。

bj101144.JPGスラブ状の鎖場bj101145.JPG紀美子平bj101146.JPG紀美子平からの登りbj101147.JPG山頂直下の登りbj101148.JPG前穂高岳の山頂