山行記、蝶ヶ岳 山日記Little Trekker

 2010年9月19 蝶ヶ岳

三股駐車場(7:20)⇒三股登山口(7:30/35)⇒力水(7:45)⇒2km地点(8:30/40)⇒まめうち平(9:05/15)⇒枯沢出合い(9:50/10:00)⇒最後のベンチ(10:40)⇒蝶ヶ岳山頂(11:15/12:15)⇒枯沢出合い(13:10/20)⇒まめうち平(13:45/50)⇒力水(14:25/30)⇒三股登山口(14:45)⇒三股駐車場(14:55)  

 前日の前穂高岳から下山後、沢渡大橋の温泉で汗を流してから、松本市内まで出て宿泊。9月の連休2日目は、穂高岳の展望台となっている蝶ヶ岳に登る事にする。早朝に出発しようと思っていたが、出発に手間取り登山口に到着した時には6時半を回っていた。既に駐車場は満車になっていて、駐車場から10分程下った道路脇に何とか駐車スペースを見つける。連休2日目という事で、昨日から入山している人と、今日から入山する人が重なり、車の台数が膨れ上がっていたのだろう。装備を固めゲート前の駐車場へ登り返す。

bj101149.JPG三股登山口 bj101150.JPG常念岳への分岐bj101151.JPG沢沿いの登山道bj101152.JPG力水の水場bj101153.JPG明るい樹林帯を登る登山道

 ゲートから10分程歩いた林道終点が登山口になっていて、水場トイレも設置されていた。連休で登山者が多い日だったからだろう、登山口では地元のパトロールの人が、登山者に入山届を書く様に促していたが、親切な人で水場の場所や登山道の様子などを教えてくれた。
 登山道に入ると、直ぐ常念岳への分岐がある。蝶ヶ岳へは沢沿いの道を直進し、吊り橋を渡ったところが登り口だ。沢の音を楽しみながら緩やかに登って行くと、程なく水場の力水に到着。休憩には少し早く、一口すすり喉を潤してから再び歩き始める。登山道は明るい樹林帯の中を登って行くが、実に歩き易い道で快調に足が前に出る。まめうち平への登り斜面では、絶妙の斜度でスイッチバックが切ってあり、負担感無く登る事が出来た。良く初めて北アルプスに連れてゆく山として蝶ヶ岳が選ばれる事が多いと言うが、なる程頷ける。

bj101154.JPG樹の合間から常念が見えたbj101155.JPG次第に斜度を増す登山道bj101156.JPG常念岳と前常念岳bj101157.JPG次第に樹の高さが低くなるbj101158.JPG稜線直下の草原

 まめうち平からは暫く平坦な樹林帯を歩き、再び傾斜がきつくなってきた辺りから、前を行く登山者に追い付き始めた。小屋泊まりやテント泊の人が多く、荷物が重そうだ。日帰り軽装で身軽な事もあって、次々と登山者を追い抜いていく。それにしても、抜かれる事も結構あった昨日の前穂とは随分違う。登り易い山ということで、大人数の登山パーティーも結構登っていて、また中高年だけでなく、20代、30代の登山者も沢山いて、実に賑やかな登山道だ。
 まめうち平から約40分で、蝶沢上流部の枯れ沢に出る。水の音が聞こえるのだが、沢筋の小石の下を流れている様で、水が流れているのは見えなかった。常念岳から前常念岳への稜線が良く見える枯れ沢で一休み。今日は日が出ているが、空気が爽やかで休んでいると直ぐ汗がひく。こういう日の登山は疲れない。

bj101159.JPG稜線への最後の登りbj101160.JPGハイ松の彼方に槍が見えたbj101161.JPG蝶ヶ岳ヒュッテに到着bj101162.JPGヒュッテから見た山頂bj101163.JPG蝶ヶ岳の山頂

 枯れ沢から上の登山道は、石が多くなり幾分歩くスピードが落ちたが、歩き難いという程ではない。樹林帯の高さが低くなり、木々の間から見え隠れする前常念岳の高さと同じ位になった頃、山頂東側の草地に出る。見渡すと眼下に安曇野方面の景色が一望だ。ここからトイ状の低木帯を抜け、ハイ松が現れる様になると急に視界が開ける。「ハイ松の彼方にケルンが積んであるな」と思ったら、何とケルンに見えたのが槍ヶ岳だった。稜線に近づきヒュッテが見える様になると、穂高連峰も姿を現す。
 登山口から約4時間、蝶ヶ岳の山頂に到着する。そこは360度、大展望が広がっていた。正面には前穂高・奥穂高・涸沢・北穂高からなる穂高連峰。その奥に南岳・中岳・大喰岳と続くの稜線先に槍ヶ岳。蝶ヶ岳から稜線が続く常念岳の奥には、大天井岳。穂高の左手には、霞沢岳の彼方に、乗鞍、御嶽も見える。何とも贅沢な眺めだ。アルプスには何度も来ているが、槍・穂高周辺の山は天気の相性が良くなく、過去に登った槍、奥穂高、常念、霞沢と、何れも小雨混じりか、雲の多い日だった。天気予報が良かった昨日の前穂高も、雨こそ降らなかったがガスで展望は無かった。どうも穂高周辺は相性が悪いなと思っていたのだが、それを取り返す大展望。大満足の蝶ヶ岳であった。

bj101164.JPG御嶽山、乗鞍山bj101165.JPG穂高連峰bj101166.JPG槍ヶ岳bj101167.JPG大天井岳DSCN1895.JPG常念岳