山行記、岩古谷山、白鳥山、寧比曽山 山日記Little Trekker

HOME > 山行記、岩古谷山、白鳥山、寧比曽山

 2011年2月19日 岩古谷山

和市登山口(8:20)⇒堤石峠(8:45)⇒岩古谷山(9:05/10)⇒岩古谷(9:35)⇒和市登山口(9:40)

 先々週に登った明神山・鳳来山に続き、今週末も奥三河の山を目指し早朝3時過ぎに東京の自宅を出発した。東名高速を豊川で降り、国道151号、257号を経由して岩古谷山の登山口となっている和市に8時過ぎに到着。登山口周辺は広場があり、既に2台ほど車が停まっていた。丁度歩き始めるところだった先着の登山者と挨拶を交わすと、「明神岳で御目にかかりましたか?」と言わる。2月5日に三河明神岳の登山道で摺れ違った登山者で、今日は岩古谷山の隣にある鹿島山に登るのだという。ちょっとしたエールの交換を交わして、自分も岩古谷山へと登り始めた。
 民家の間を抜けた道は、「十三曲」というつづら折りの坂を登り堤石峠へ出た。ここから尾根筋を歩くことになるのだが、峠から少しの所から山頂部の岩壁が見える様になる。堅い安山岩で出来た岩肌が鋭く切れ落ちいていて、小さいながらも「立派な痩せ尾根」だ。手摺が無かったら、ちょっと怖い登りだう。低山ながら変化の付いた登山道は楽しいトレイルだ。登山口から45分で山頂に到着、山頂からは東側の眺望が開けていた。
 下山路は岩古谷にとったが、このルートは途中からコンクリートの階段になり、胎内潜りの様な大岩や滝等の見所はあるものの、登山道としては今ひとつ楽しさにかけてしまう。やはり歩くのならば尾根筋のルートが面白いであろう。

bj102031.JPG和市登山口bj102032.JPG堤石峠bj102033.JPG岩古谷山の東壁bj102034.JPG山頂部への登りbj102035.JPG岩古谷山の山頂

 2011年2月19日 白鳥山

花祭舞台駐車場(10:30)⇒白鳥神社(10:35)⇒里見平(10:50)⇒白鳥山山頂(11:00)⇒白鳥神社(11:25)⇒花祭舞台駐車場(11:30)

 岩古谷山の登山口から北方へ車で約30走り、水晶を産する事で知られる白鳥山を目指した。白鳥神社の花祭舞台下の駐車場に車を停め、早速歩き始める。石段を登りつめた処にある白鳥神社の右脇から登山道が始まっていた。里見平を経由する西廻りルートで登ったが、真新しい標識が整備されていて歩き易い道だ。山頂直下の岩棚で、コツコツ石を叩く音が聞こえてきた。崖の下側で、岩に腰かけ石を叩き、水晶片が確認できるか試しているのであろうか。
 登りは閉めて約30分で山頂に到着。朝に登った岩古谷山とは山筋ひとつ越えただけなのだが、白鳥山の山頂部には結構雪が残っていた。山頂からは愛知県の最高峰である茶臼山ず良く見える。下山路は周回コースを取り、仏岩を経由して下ったが、こちらのルートは、まだシーズン前という事もあるのだう。途中が少し荒れていて、テープを頼りに下る場所もあったが、真冬のこの時期に手軽に里山を楽しむには、うってつけの山だと感じた白鳥山であった。

bj102036.JPG白鳥神社への石段bj102037.JPG神社脇の登山口bj102038.JPG杉林の中の里見平bj102039.JPG最後のひと登りbj102040.JPG白鳥山の山頂

 2011年2月19日 寧比曽山

大多賀峠(13:00)⇒寧比曽山山頂(13:50/14:15)⇒大多賀峠(14:50)

 白鳥山を下山してから、車で西に移動する事約1時間。寧比曽山に登ることにする。途中「茶臼山高原道路」を経由したが、路面はしっかり除雪されているものの、辺りには結構雪が積もっていた。寧比曽山は東海自然歩道のルート上にあり、南北から登山道が付いているのだが、今日はアプローチが楽な大多賀峠から登る事にする。峠には13時少し前に到着、ちょうど午前中に登った人が下山して来る所だった。峠には小さな駐車場があり、大型の観光バスも停まっていた。
 登山道は県道から階段を登って始まる。北斜面の階段を登って行くのだが、杉林の中に付けられた丸木の階段は、一旦溶けた雪が再凍結していて滑り易い。今日の行程の中で、登山口からの暫くが一番歩き難かった。尾根に出てからは、雪の付いた道が緩やかに登っていく。軽アイゼンを何処で付けようかと思っているうちに、山頂に到着。結局アイゼンが活躍する場面は無かった。
 山頂は展望が良く、北方向には恵那山も見える。14時近くの少し遅い時間だったからだろう、広い山頂に居た登山者は2組だけだった。早速お湯を沸かしてラーメンを作る。風は無かったが、さすがに2月の山は寒い。展望を楽しみながら頂いた、温かなラーメンがとても美味しかった。

bj102041.JPG大多賀峠の登山口bj102042.JPG雪の付いた尾根を登るbj102043.JPG山頂部が見えてきたbj102044.JPG寧比山の山頂bj102045.JPG山頂から望む恵那山