山行記、鷹取山 山日記Little Trekker

 2011年2月27日 鷹取山

神武寺駅(10:50)⇒登山口(11:10)⇒神武寺(11:25/30)⇒鷹取山(11:50/14:40)⇒追浜駅(15:10)

  2011年最初のカタクリ会山行は、三浦半島の鷹取山、足慣らしに丁度良い山だ。簡単なコースという事で、集合時間は京浜急行の神武寺駅10時45分だ。自宅から電車の接続が良く、10時前には駅に到着。お昼のビールを買おうと思ったら駅の売店はソフトドリンクしか置いてなかった。駅周辺を歩いてみてもコンビニはおろか酒屋の一軒もない。結局電車で金沢八景まで戻り、駅のキヨスクでピールを購入して来る事に..。
 三浦半島には低いながら山があり、出発地点となる神武寺駅も小山に囲まれていた。車道沿いに暫く歩き住宅街を抜けると、いきなり登山道が始まった。岩をくり抜いて作った様な道や、小川が流れるはけの道など結構変化に富んだ登山道だ、三浦半島の真ん中に、こんなに自然が残っているとは思わなかった。神武寺から先は尾根筋を歩くようになり、大きな岩を隙間を抜ける場所もあったりして、予想外に楽しいトレイルだった。 

bj102046.JPG京浜急行の神武寺駅で下車bj102047.JPG気分よく歩き始めるbj102048.JPG住宅地の裏に始まる登山道bj102049.JPG小さな沢に沿って登るbj102050.JPG鎖の付いた斜面も現れた

 駅から歩き始めて約1時間で、今日の目的地、鷹取山に到着。山頂周辺はフリークライミングのゲレンデになていて、垂直の岩では何組かのパーテイーが登攀の練習をしていた。山頂展望台で記念撮影を済ませ、早速宴会に突入する。今日のメニューは「ちゃんこ鍋」、「おでん」「烏賊ゲソ炒め」「洋風チキングリル」「サラダ」と豪華メニューだ。担ぎあげたビール、ワイン、日本酒がみるみる減っていく。これを見た会長のS氏が急遽買い出しに走り、ビール、日本酒、焼酎を補給。今年初めての山行で久しぶりに再開した山仲間と楽しい会話が続き、ポカポカした山頂での宴会は3時間近くに及んだ。
 下山路は距離の短い追浜へと取り、楽しい宴会の思い出を残し三浦半島を後にした。以前に訪ねた鎌倉アルプスもそうであったが、三浦半島周辺には結構自然が残っていて、歩いて楽しいルートが残っている。冬の日だまりハイクに再び訪ねてみることにしよう。

bj102051.JPG山頂部のロッククライムガーデンbj102052.JPG鷹取山の展望台bj102053.JPG山頂での大宴会bj102054.JPG今日のメニューは、ちゃんこ鍋、おでん、チキン、イカの柔か炒めbj102055.JPG広場で記念撮影