山行記、今倉山、二十六夜山 山日記Little Trekker

HOME > 山行記、今倉山、二十六夜山

 2011年5月21日 今倉山・二十六夜山

道坂隧道登山口(9:45)⇒道坂峠分岐(10:05/10)⇒今倉山(11:00/10)⇒赤岩(11:40/50)⇒二十碌夜山(12:45/14:15)⇒水場(15:10/20)⇒芭蕉月待ちの湯(16:10)

  今年のカタクリ山行は、震災の影響や天候に恵まれず、今回が2回目だ。現役、OBあわせて総勢11人と少々人数が少ないが、久しぶりの山行に、誰一人遅れることなく富士急行の都留駅に集合、道坂隧道までバスで入る。登山道はトンネル脇から峠へと新緑の中を登っていく。先月下見に来た時より葉が茂り緑が随分濃くなった。木々を渡る風が心地よい。峠から今倉山へは尾根道の登りだ。一列縦隊になって、確実に高度を稼ぐ。登山道脇に咲くキジムロ等の花を愛でながら峠から1時間弱で山頂に到着。ここが今日の最高地点。展望は今一つの山頂であるが、まずは此処で記念撮影。

bj102093.JPG新緑の登山道を登るbj102094.JPG一列縦隊で登るbj102095.JPG今倉山への登りbj102096.JPG今倉山の山頂bj102097.JPG展望の良い尾根道

 今倉山から二十六夜山へは、尾根道を緩やかに下るトレイルだ。途中にある赤岩からの展望が素晴らしく、正面には富士山、北側には奥秩父の山々まで望むことが出来た。此処で一休みしてから、今日の目的地二十六夜山へもうひと頑張り。二十六夜山の手前で舗装道路に出るが、直ぐ楽しい尾根道が再開する。ここから最後のひと登り、昼時で熱くなってきたこともあり距離の割に山頂が遠く感じる登りだった。
 山頂に着くとお楽しみの昼食タイム。今日は電車山行ということで、楽しくビールが飲める。燻製ベーコンの炒め物、サラダ、鳥味噌漬けのホイル蒸し、鮪の漬けなどを肴に楽しい一時を過ごした。
 下山路は仙人水を経由して、上戸沢の集落へと下山する。町営の温泉施設「芭蕉月待ちの湯」で汗を流し、心地よく帰路に就いた。

bj102098.JPG赤岩からの展望bj102099.JPG赤岩から今倉方面bj102100.JPG新緑の尾根を歩くbj102101.JPG山頂でのお楽しみbj102102.JPG二十六夜山頂