山行記、天狗岳 山日記Little Trekker

 2011年7月24日 天狗岳

麦坂峠登山口(6:20)⇒白駒池(6:30)⇒高見石(7:00/10)⇒中山展望台(7:50)⇒中山峠(8:15/30)⇒天狗岳(東峰)(9:10/15)⇒天狗岳(西峰)(9:30/50)⇒中山峠(10:35/45)⇒ニュウ(11:30/35)⇒白駒池(12:40/13:00)⇒麦坂峠登山口(13:15)

 カタクリ会の夏季キャンプの下見で、北八ヶ岳へ行くことにした。この方面はかつてカタクリキャンプの定番であったが、どうも天候に恵まれない年が多く、最近の夏は日光や南東北のへの山行が多かったのだが、久しぶりに気分を変えるのも悪くない。上信越道を佐久で降り、小海線に沿って八千穂へ、こここから麦草峠手前の白駒池入口まで車で入る。既に標高2000m、夏の暑い時期には標高の高い山が好い。峠の駐車場は比較的すいていた。装備を固め、ゆっくりと歩き始めた。
 今年は3月の震災があってから、春以降の山行回数が少ない。4ヵ月間で3回しか歩いておらず、足がだいぶ鈍っていそうだ。白駒の池までは遊歩道の様であったが、池から高見石への登りは本格的な登山道になる。大きな石が随所に出てきた。滑らないように足元に気を配る。昨日の雨のせいで登山道はぬかるんでいたが、テンポよく距離を稼ぐ。登山口から40分で高見石のヒュッテに到着。ここで一休みだ。

bj102103.JPG麦草峠の登山口bj102104.JPG白駒の池bj102105.JPGシャクナゲの花bj102106.JPG登山道脇のヒカリゴケbj102107.JPG中山峠

 高見石からは、オオシラビソの暗い樹林帯を登る道となる。昨日までの雨のせいか、登山道はぬかるんでいて、苔生した石に足を取られないよう、注意深く足を進める。木々が開けると、三角点の置かれた中山に到着。残念ながらガスで展望がなく、そのまま歩く。中山峠へは一旦下りとなるが、此処でシャクナゲの花と出会った。
 中山峠からの登り返しには、ヒカリ苔が登山道脇の窪みに自生している。親切にも「ヒカリゴケ」と書かれた紙が小枝に結ばれていた。峠から10分ほどで「天狗のコル」に到着。ここからは正面に天狗岳が大きく聳え立っていた。アルペンムードの味わえる景色、カタクリ山行でも此処までは登りたいものだ。

bj102108.JPG天狗のコルbj102109.JPG天狗岳、東峰bj102110.JPG東峰の最高点bj102111.JPG三角点のある天狗岳西峰bj102112.JPG西峰より東峰を望む

天狗のコルからは、本格的な上り坂となる。大きな岩を跨ぎながら高度を稼ぐ。頂上手前の小ピークを西に巻いて東天狗の頂上へ到着。久々の頂上らしい頂上は実に気持ちが良い。展望は360度で八ヶ岳へ向かっての縦走路は、沢山の人で賑わっているのが見える。折角の天狗岳、標高は東天狗より低いが、三角点ピークのある西天狗にも寄っていこう。天気が回復した事もあって、両ピークとも大勢の登山者で一杯だった。カタクリ山行では、山頂を目指す班と、天狗のコルまでを目標にする班に分けて、頂を目指すのも良いかもしれない。